がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

瀬縫のお不動さま

那須町高久上瀬縫にある瀬縫のお不動さまに行ってきた。 瀬縫のお不動さまは、かつて大変ご利益があることで知られ、広く信仰を集めていた。

戦前は毎月28日に瀬縫不動尊の縁日があり、特に旧正月と旧7月には夜明け前より黒磯駅から続く街道には参詣者の流れが続き、街道沿いには多くの露店が出たという。

f:id:gari2:20210126173514j:plain
上瀬縫の集落を抜けて不動尊の手前の滝の本集落センターの十字路から。現地の方に訊いたら、戦後も縁日の日にはこの参道沿いに露店が並んでいたそうだ。

黒磯市誌でこの瀬縫の不動尊の話が出てくるのは、黒磯駅の成り立ちと乗降客についての項なのだが、温泉地の最寄り駅として季節により利用客が増減したが、毎月28日、この瀬縫の不動尊の参拝客で駅がごった返したというのだ。正月、7月の縁日の日は列車の増発まであったという。

f:id:gari2:20210110121256j:plain
それほどのご利益があったという瀬縫の不動尊。現在では藪に包まれてひっそりと静まり返っている。

f:id:gari2:20210110121213j:plain
うっそうとした通路を抜けると広場になり、灯籠と歪んだ石段があり一段高くなった山の斜面にちょっこりとお不動さまが安置されている。入口の灯籠は昭和36年9月、東京都千代田区西神田のT夫妻による建立。清水の近くの灯籠は同住所同姓違う夫妻による昭和25年旧1月28日の建立。

 

f:id:gari2:20210126173638j:plain
祈願かなった人たちが感謝を込めて社殿を造営すると、たちまち暴風雨が起こって破壊されてしまったという。格式や権威が嫌いなお不動様らしく、今も露天に安置されているのだという。

f:id:gari2:20210110115232j:plain

おびただしい数の奉納剣。以前は手前の上瀬縫の集落の高久家が管理していたが、現在は集落で管理をされているとのこと。

こちらは那須町那須美さんのブログの記事。
那須りんどう茶屋 まいらんせ!奥那須へ 「大欲・・?」

rindoutyaya.at.webry.info

那須美さんは2012年の年末に瀬縫のお不動さまを訪れている。瀬縫を訪れた当時、高久家が管理しておりそちらのおばあさんからまだ奉納剣が買えたという。今回そのお宅を訪ねたが、代が替わり新しい建物に建て替えられ、昔を知ることの出来るものは何もないとのことだった。


f:id:gari2:20210110115259j:plain

こちらが件のお不動様である。風雨にさらされ、陰影が消失しつつある。はたしていつ頃建立されたものだろうか。那須町史によると、大永年間(1511-1528)から続く雨乞い行事が今に至るまで続けられているとある。瀬縫不動尊は別名雨乞い不動と呼ばれている。

f:id:gari2:20210110115015j:plain

f:id:gari2:20210126153052j:plain

石仏のそばには崖から滲みだして流れる清水があり、その流れはお不動さまの鎮座する場所の向かいの池に注いでいる。ここから芦野の方に水脈が伸びていて、 日照りが続くと、近在近郷から「水もらい」に組内・坪内または講中でお参りに来たという。その帰りにはきっと雨が降った。

f:id:gari2:20210110120618j:plain

那須町史の解説でも水不動としての霊験、雨乞いの神さまだということが大きく扱われているが、雨乞いのご利益だけでは遠くから電車に乗って詣でたりしないだろう。奉納剣の願い事をみてみると、受験や商売繁盛などの祈願も目立つ。不動明王は、三鈷剣により魔を退散させ、煩悩や因縁を断ち切り、羂索で悪を縛り上げ改心させ、煩悩から抜け出せない人を救い上げ、迦楼羅焔で魔を焼き払い、煩悩を焼き尽くす。悩み事、願い事を叶えると信じられていたお不動様。

変わった例だと、戦時中、鍋掛の方で2月8日の針供養の際に大きな針刺しを作って瀬縫のお不動様に持って行ったというのがあった。瀬縫の地名も関係するのだろうか。

那須塩原市介護サービス機関紙「あやとり」第25号 2007.03

http://www.city.nasushiobara.lg.jp/14/documents/ayatori21~30.pdf


黒磯市誌によると、かつては、瀬縫不動尊に参る者は必ず大田原不動尊に、大田原不動尊に参る者はまた瀬縫不動尊に参る慣習があり、特に旧正月と旧七月は参詣者が多く、この日は列車を増発するほど盛況だったとある。ここでいう大田原不動尊とはどこのことなのか。ネームバリューでいえば成田山新勝寺の分院、成田山遍照院である。ご住職がなにかご存じないかと成田山遍照院さんにもお話を伺いに行ったが、成田山遍照院が大田原不動尊と呼ばれていたかどうかははわからない、龍泉寺のお不動様も龍頭不動尊として有名だから龍泉寺にも聞いてみてほしい、とのことだった。かたや戦国時代創建の霊験あらたかな 瀬縫不動尊、そして明治17年開創の 新名所?成田山遍照院のお不動さまをあわせてお参りするスタイルが鉄道ツーリズムの流行を背景に流行った、ということなのか。 参詣のために電車が増便されるくらいだから、何らかの資料や文献がありそうなものだ。

 

f:id:gari2:20210110120332j:plain
敷地内に建立されている立派な倶利伽羅剣を模したいくつかの奉納碑は東京の個人や企業の信奉者が建立した昭和50年代のもので、信仰が昭和初期で途切れてしまったわけではないことがわかる。

先ほども触れたように、10年ほど前までは奉納剣も買え、毎月28日の縁日の日には訪れる人もいたようだが、現在どうなのか?すぐ隣のお宅の方の話だと、今でも時おり訪れる方がいることは間違いないとのこと。


瀬縫のお不動さまの手前に廃屋となったお堂が存在する。入口近くにある石碑に「不動尊信者一同」とあることから、瀬縫の不動尊関連の施設だと勘違いされている方もおられるが、こちらは富士・御嶽信仰系の新宗教神道実行教のお堂だった。

f:id:gari2:20210110112235j:plain
皇紀二千六百年の灯籠や記念碑もあり、近所の方に関係をたずねると、瀬縫のお不動様とその施設は関係ない、と教えてくれた。

f:id:gari2:20210110112254j:plain

f:id:gari2:20210110112330j:plain
[表] 東宮妃殿下安産祈願祭神奉齋所
[右] 祈願者 権少教正 黒崎忠平     神力神子 西村峰子
[左] 大正十四年十二月ニ十七日 東宮大夫書状下附
             侍従 落合義誠 書
[裏] 栃木県那須郡 神道実行教会所

           主管者 少講義 西村定

 昭和四十八年一月ニ十八日 外不動尊信者一同 建立
那須町の記念碑にて確認)


瀬縫のお不動さまについて、新たに分かったことがあれば更新したい。


栃木県北 花市・初市2021日程

令和3年の県北の花市・初市は新型コロナウイルス感染症の影響により ほぼ中止となる。黒田原花市に関しては公式情報は見当たらなかったので、那須町商工会に問い合わせを。

 



栃木県北 花市・初市2021日程

 「さくら市氏家暮市」中止

さくら市氏家花市」 中止
 毎年7日に開催

花市の開催中止について – 栃木県さくら市観光ナビ


「花市(西那須野地区)」  中止
毎年11日に開催
西那須野商工会

にしなすの花市 中止のお知らせ

 

「花市(大田原地区)」 中止
毎年1月12日開催 

広報おおたわら(令和3年1月号) | 大田原市


「初市(東那須野地区)」  不明
毎年10日あたりに開催
公式情報見当たらず 


「花市(矢板市)」 不明
毎年13日に開催
公式情報見当たらず

「花市(佐久山地区)」 1/11(火) 10:00-17:00 (時間短縮の可能性)
佐久山地区公民館駐車場 (通常毎年14日に開催 )

福引で新春の運試し 感染防止し佐久山花市 大田原|地域の話題,県内主要|下野

新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン)

大田原、黒羽地区の中止についての記述あり

「黒田原花市」  1/16(土)10:00-18:00 (時間短縮の可能性)
毎年第三土曜日に開催
公式情報見当たらず

栃木県内催事情報(提供:県観光物産協会) | 連合栃木



「黒磯初市(花市)」 中止
毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会
黒磯初市 開催中止のお知らせ


「黒羽大花市(黒羽地区)」 中止
毎年第四日曜日に開催

広報おおたわら(令和3年1月号) | 大田原市



黒磯初市2020

f:id:gari2:20200119133619j:plain
黒磯初市に行った。例年は駅前の線路沿いの通りであるが、駅前図書館が工事中ということもあってか、駅前大通り沿いの原街道十字路から旧4号線までの区間での開催となった。

黒磯初市はかつてはこの駅前大通りで初市を行っていた。S38年には約270mにわたり三筋に露天が並び、さらに宮町通りに延びて人出は県下随一と言われていた時代があった。S47年から黒磯駅構外線通りへ移動、S48年の市は駅前大通りをはさんで東西1.4km、出店約480に及び、規模人出共に驚くべき盛況であったという。

f:id:gari2:20200119133634j:plain
寒さもそれほどでもなく日差しも暖かく、お出かけ日和の日曜日。そもそも黒磯は第4土曜日だったはずだが。

f:id:gari2:20200119133649j:plain
午前10時台でこの人出!今年はまさかの大田原花市の中止で期待が高まる黒磯初市会場である。それは俺だけか。

f:id:gari2:20200119133701j:plain
まちなか交流センターくるる 去年の7月にオープンした施設だ。

f:id:gari2:20200119133716j:plain

f:id:gari2:20200119133727j:plain

f:id:gari2:20200119133740j:plain
なべかけ餅つき唄保存会の皆さんが実演中 

f:id:gari2:20200119151918j:plain

f:id:gari2:20200119145400j:plain
あったよなあ、おみくじやさん

f:id:gari2:20200119133757j:plain
みつけたっ!七味唐がらし屋さん 焼粉(焼き唐辛子)が入っている浅草やげん堀

f:id:gari2:20200119133808j:plain

 満喫した。

参考文献:黒磯市誌 第五編産業経済 第二章商工

garitune.hatenablog.jp

 

黒羽どんと祭2020

f:id:gari2:20200116143308j:plain
那珂川河川敷、黒羽のどんと祭の会場を観に来た。いわゆるどんど焼きとしてはイベント然としていて今まで紹介することはなかったのだが、黒羽地区の活性化のため尽力している人々のアツい想いを記録しておきたいと思った。
まず規模が違う。重機を使ってやぐらを組んでいく。トリゴヤというよりキャンプファイヤー的な。広い河川敷でここなら火の粉がとか煙が匂いがというクレームもほぼなかろう。万一の事態も川の近くなら安心。

f:id:gari2:20200116143339j:plain
ちょっと用事で離れて再訪したらもう出来てた。露店のテントも準備されている。

f:id:gari2:20200116143434j:plain
藁や竹に覆われていない木材のやぐらがむき出しのトリゴヤ。やぐらの下には廃船の突端が付きだしており、その上にはお焚き上げで集められた門松やお飾り、ダルマが並べられている。宝船の趣もありイイ感じだ。

f:id:gari2:20200116143411j:plain
側面には大きな日の丸の扇と鯉のぼり。中学生の火矢で点火するとのこと。近くでは黒羽太鼓のリハーサルが行われていた。

f:id:gari2:20200116143625j:plain

 黒羽商工会青年部のみなさま、関係者のみなさまお疲れ様でした。







栃木県北 花市・初市2020日程

大田原市津久井富雄市長は、11月20日の定例記者会見で、市の二大イベント「大田原マラソン大会」と「大田原与一まつり」を休止する方向で検討していると発表した。新市庁舎建設など積極投資を行った財政状況を考慮し、市の事業全般の抜本的な見直しに着手する。休止期間は2020年から22年までの3年間を想定、今までやってきた行事などを既得権のようにやり通すことでいいのか、いったんご破算にするくらいの気持ちで全ての業務の見直しを議論したい、と述べた。

その関連か何か知らないが、今年の大田原花市は中止となった。

まさかとは思うけど、屋台まつりも中止になっちゃうんだろうか。



 栃木県北 花市・初市2020日程

 「さくら市氏家暮市」12/21(土)13:00-21:00 

さくら市氏家花市」 1/7(火)13:00-21:00
   氏家中心市街地大通り  毎年7日に開催


「花市(西那須野地区)」 1/11(土) 毎年11日に開催
  JR西那須野駅西口桜通り  毎年11日に開催
西那須野観光協会 

「花市(大田原地区)」
(注意)毎年1月12日に開催しておりました大田原花市ですが、令和2年は中止となりました。 
大田原市内の花市


「初市(東那須野地区)」 1/13(月)11:00-15:00
   
JR那須塩原駅駅東口  毎年10日あたりに開催 
那須塩原市商工会東那須野支部フェイスブック
エールなすしおばら

「花市(矢板市)」 1/13(月)11:00-19:30
 
ベイシア矢板店駐車場 毎年13日に開催
矢板市商工会フェイスブック

「花市(佐久山地区)」 1/13(月) 10:00-17:00
  佐久山地区公民館駐車場 毎年14日に開催
大田原市内の花市

「黒田原花市」 1/18(土)10:00-18:00
  那須町役場前から相生町通り 毎年第三土曜日に開催
黒田原駅前にぎわい商店会フェイスブック

「黒磯初市(花市)」 1/19(日) 10:00-18:00 
  黒磯駅前通り(駅前大通り 原街道から旧4号線まで まちなか交流センターくるる) 毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会

「黒羽大花市(黒羽地区)」 1/26(日) 9:00-17:00
  黒羽向旧駅前通り(黒羽郵便局前からR294) 毎年第四日曜日に開催
大田原市内の花市


西那須野花市2020

f:id:gari2:20200111223503j:plain

今年も県北の花市・初市サーキットが始まった。七味唐がらしが欲しくて急きょ西那須野の花市に来てみたのだが、七味唐がらしの露店はいなかった。考えてみたら、もうだいぶ前から西那須野花市で七味唐がらし屋さんを見た記憶がないような気がする。

f:id:gari2:20200111224526j:plain
かつては五差路交差点から西那須野駅前までずらっと向かい合わせに露店が並んでいた西那須野の花市もだいぶ規模が縮小されてしまった。縁起物の熊手も、仏前に供える造花屋さんも、お面やおもちゃを売る店も、農協の植木屋さんも今はみかけない。

f:id:gari2:20200111224600j:plain

それでもこの季節になると花市が、寒々とした空気の中立ち並ぶ華やかな露店が恋しい。かつて新しい風俗、流行は露天商がもたらした。今でもテレビの中の都会の流行をいち早く露店展開する商魂逞しいテキヤさんの動向を見て歩くだけでも楽しい。さあ、次の花市会場はどこだ!?

黒田原花市2019

f:id:gari2:20190119132847j:plain

この時期花市・初市開催日に休みが重なるとウズウズしてしまう。昨年に引き続き黒田原の花市に。役場前の相生町通り。

f:id:gari2:20190119133600j:plain
爽やかに晴れているが、那須颪(おろし)が時折吹き付けるこの時期特有の天気。

f:id:gari2:20190119133843j:plain

大島地区のしまたんに会えた。クロロとゆめなは待機時間だったかな。

f:id:gari2:20190119134936j:plain

f:id:gari2:20190119134953j:plain
黒田原花市は他の処よりも地元の人に親しまれてる感が伝わってきていい。

f:id:gari2:20190119135654j:plain
たこやきと鳥皮焼きを食べた。ハットグってまだ食べてないなあ。

garitune.hatenablog.jp