がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

太夫塚どんど焼き2022

f:id:gari2:20220111120340j:plain
太夫塚のどんど焼き会場。今年は狩野のどんど焼きの点火を観るつもりなので、とりあえずトリゴヤの写真だけでも記録しておこう。

f:id:gari2:20220115111945j:plain

太夫塚のどんど焼きの何がいいって、このロケーション。高原山塊をバックに、刻々と沈んでゆく夕日と暮れてゆく夕闇。繭玉団子の装飾されたミズキの参道もいい。

今年も竹酒やるのかな、それだけが気になる。


f:id:gari2:20220115171715j:plain
狩野のどんど焼きが無観客で点火が思いのほか早かったので、太夫塚方面を通ってみたら、まだ点火されていなかった。急いで会場に駆けつける。

f:id:gari2:20220117233723j:plain
神秘的な日没タイムとトリゴヤのシルエット。

f:id:gari2:20220117233758j:plain
そして点火です。

f:id:gari2:20220117234002j:plain

f:id:gari2:20220117233814j:plain

疫病退散!コロナにまけるな!!





 

狩野地区コミュニティどんどん焼き2022

f:id:gari2:20220115115448j:plain

金沢高阿津橋たもとのトリゴヤ観測点

週末休みだったので近隣のどんど焼き観測ポイントをまわったが、すでに先週の三連休で施行されてしまったか、あるいは新型コロナウイルスの影響で中止となってしまった様子。

旧村地区を中心にドライブするなか、伺ったどんど焼き情報をまとめてみると、

矢板エリアは1/8、9、10の三連休で行ったようだ
○黒磯旧村エリアの高林地区は高林、木綿畑新田、箕輪で行っているが、今年は中止
○新たに那珂川河畔公園でどんど焼きイベントが始まったとのこと
○接骨木は1/14に行った(接骨木温泉神社にて)
○大山地区コミュニティは1/14に行った(大山公民館グランドにて)
太夫どんど焼き保存会と狩野地区コミュニティは1/15開催

とのこと。

とりあえず狩野地区コミュニティの会場である蛇尾川沿いの西那須野クリーンセンター跡地に向かった。

f:id:gari2:20220115131535j:plain
広大な西那須野クリーンセンター跡地はパーティションで仕切られ、入口にはこんな告知看板が。

 

f:id:gari2:20220115130439j:plain
トリゴヤの撮影許可を頂き、場内に入る。お賽銭を入れ歳の神にのんのんして観察開始。

f:id:gari2:20220115130629j:plain
円錐状に組んだ竹の骨組みの周りを笹枝で覆い、腰巻状に藁束を立て掛けてある。大山地区コミュニティとも太夫どんど焼き保存会とも違う作りだ。

 

garitune.hatenablog.jp

 

f:id:gari2:20220115130640j:plain
正面に入口を作り、中に松飾りやしめ縄を投入出来るようにしてある。鳥居を模した竹組みを前面に立てている。

f:id:gari2:20220117012005j:plain
まわりには槻沢小学校の生徒さんが書いたと思われる願い事の短冊が飾られている。

f:id:gari2:20220118181547j:plain

右側面から

狩野地区コミュニティは槻沢小学校と、大山地区コミュニティは大山小学校と連携しており、生徒達に教育活動の一環として地域の風習であるどんどん焼きを体験してもらっている。正月明けから国内で変異株の流行が拡大している現状で、大人だけで行事を行うという選択肢もあったが、点火は代表の児童たちで行うことを申し合わせたとのことだった。

 

f:id:gari2:20220118181521j:plain

左側面から

f:id:gari2:20220118181841j:plain

背面から


今回は感染予防の観点からトリゴヤのまわりに密集して集まらないようにし、個々に車の中で観てもらいたいとのことだった。神職によるご祈祷に参加する人数も最小限で行うという意味で「無観客」という案内なのだろう。

点火は午後5時からとのことだった。



太夫どんど焼き保存会のトリゴヤも午後5時の点火だったのだが、狩野地区のほうは初めてだったのでこちらの行事を見学することにした。とりあえず用事があったのでいったん家に戻って再訪すると、5時前だったんだけど、ちょうど点火したところだった。ご祈祷行事があっさりしてたので早めに点火しちゃったのだろうか。

f:id:gari2:20220115164908j:plain

やっとカメラを取り出して収められた画像がこちら。もう炎が大きくなっちゃってる。

f:id:gari2:20220115164912j:plain

f:id:gari2:20220115164945j:plain

f:id:gari2:20220115165356j:plain

もっとちかくで観たかった。



大田原花市2022

f:id:gari2:20220112181307j:plain

一昨年は市議選の余波で、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となった大田原花市。年末からの変異株の拡大で開催が危ぶまれたが無事開催となった。大田原花市は地元自治会の有志で組織された世話人会が運営している。

 

f:id:gari2:20220112181421j:plain
今回から会場を市役所通りより市道332大田原野崎線沿いの中央多目的公園付近に移している。白河信用金庫大田原支店前より栄町屋台収納倉庫前までを通行止めにし、ローソン手前から屋台収納倉庫手前までの300mに約150軒ほどの屋台が出店していた。感染防止対策のため、店同士の感覚を2m開け混雑時の密集を避け、接客はビニールシート越しで行い消毒を徹底している。

黒磯初市は昨年10月の時点で早々に中止を決定している。新型コロナウイルス感染の終息が不透明なこと、今後に備えての感染防止も考慮した決断である。海外の変異株の蔓延以前の時期ではあったが、考え抜いた慎重な判断であったと思う。

「黒磯初市」中止のお知らせ | 那須塩原市商工会

 

f:id:gari2:20220116210649j:plain
花市本来の目的である縁起物のだるまや熊手の屋台の出店も多く華やかだ。さすが県北の中心都市の花市だけあって規模も大きく集客も多い。

f:id:gari2:20220116211312j:plain
f:id:gari2:20220116211257j:plain
冷え込みは厳しいが、風もそれほどなく最高の花市日和だ。

f:id:gari2:20220112181652j:plain
花市・初市はその一年の商売繁盛を市神に祈るお祭りの意味あいもあり、新春からの賑わいで景気回復を占う商工会の気持ちもわかる。大田原市は大田原与一まつりをR4年度まで休止する。3年のブランクがどうお祭りに影響するのか、新型コロナウイルスで今まで通りの規模での再開が可能なのかわからない。

【令和2年度から4年度休止】与一まつり | 大田原市

 

f:id:gari2:20220112181854j:plain
それまでは縁日・屋台好きにとっての県北の最大イベントは花市・初市サーキットなのだ。あ、去年は中止だったけどくろばね夏まつり花火大会があるか。

【令和3年度中止】くろばね夏まつり花火大会 | 大田原市

 

f:id:gari2:20220118120031j:plain

はし巻き、あげパン、小籠包。テキヤさんの商魂たくましい、次々登場する新しいアイデアの屋台にワクワクし、観て回るだけでも楽しい。

f:id:gari2:20220116222112j:plain

さあ、はやく帰って視察の成果で一杯やろう。

西那須野初市2022

f:id:gari2:20220116234019j:plain
日が暮れて西那須野初市にやってきた。昨年早々から黒磯花市の中止がアナウンスされ、ほかの花市・初市はどうなることかと危ぶまれた。年末からの変異株の拡大でよもやと思ったが無事開催となった。例年1月11日に開催されていた「花市」の名称が今回より「初市」に変更、毎年1月の第2日曜日に開催されることになった。まあ確かに縁起物のだるま屋さんが2軒、植木屋の出店や華やかな熊手や福笹や造花の屋台もないこじんまりとした花市ではあったが。

f:id:gari2:20220116234048j:plain

今年は正午からの開催で、客寄せに「大道芸人フェスティバルinにしなすの初市」というイベント行った。クリオーネさんとなっちゃんが来たようだが、仕事で行けずじまい。こんな機会はなかなかないのに。

n-shokokai.or.jp


f:id:gari2:20220116234112j:plain
密になることもなく屋台めぐりが出来るのは良いことだが、初市自体の存続があやぶまれてしまう。


f:id:gari2:20220116234207j:plain

f:id:gari2:20220116234137j:plain
割烹いとうの駐車場でテキ屋さんとは別の地元飲食店有志の出店が。竹清食堂さんや郡司商店さん、ほかにしなすバル協賛のお店さんかな。

第5回にしなすバル 当日券を販売している店舗一覧 | 西那須野地区商店会| きらきらホットなすしおばら[那須塩原市]


屋台の列がすぐ終わってしまうよ。花市・初市の文化は残ってほしいよね。

 

 

栃木県北 花市・初市2022日程

f:id:gari2:20220108230954j:plain

令和4年の県北の花市・初市は、新型コロナウイルス感染症第6波流行の懸念により早々に中止を決める自治体もあったが、とりあえず開催する方向で検討している様子。県中・南の初市情報もいくつか調べたのでそちらも掲載する。

不明な地域の情報ご存知の方お知らせください。

 真岡市観光協会
2022年初市(だるま市)開催 (寿くじ中止のお知らせ)
1月9日(日)9:00-18:00  荒町五行川沿い

2022年初市(だるま市)開催及び寿くじ中止のお知らせ | 真岡市観光協会 Moka City Turist Association


小山市公式ホームページ
~まちに新春を告げる小山の初市~

1月10日(月)10:00~15:00 
まちの駅 思季彩館、小山駅西口祇園城通りおよび阿夫利通り

令和3年度『小山の初市』開催のご案内 - 小山市ホームページ


宇都宮観光コンベンション協会

「初市」開催のお知らせ
1月11日(火)10:00~20:00 上河原通り

宇都宮観光コンベンション協会


上三川町公式ホームページ 
初市(ダルマ市)の開催について
1月16日(日)14:00-19:30 上三川通り(中央通り)西側歩道

初市(ダルマ市)の開催について | 上三川町公式ホームページ

 

栃木県北 花市・初市2022日程

 「さくら市氏家暮市」中止

さくら市氏家花市」 中止
 毎年7日に開催

暮市・花市の中止について - さくら市ホームページ

 
「初市(東那須野地区)」 不明
 毎年10日あたりに開催
 公式情報見当たらず
那須塩原市商工会東那須野支部フェイスブック


「初市(西那須野地区)」 1/9(日)12:00-20:00
   JR西那須野駅西口桜通り 毎年第2日曜日開催
例年1月11日に開催されていた「花市」の名称が今回より「初市」に変更
毎年1月の第2日曜日に開催されることになった

西那須野商工会フェイスブック


「花市(大田原地区)」 1/12(水) 10:00-21:00
  白河信用金庫前~栄町屋台収納庫前 毎年12日に開催
広報おおたわら(令和4年1月号)
黒羽地区の中止についての記述あり

「花市(矢板市)」 不明
 毎年13日に開催
 公式情報見当たらず

矢板市観光協会

 

「花市(佐久山地区)」 1/16(日) 10:00-16:00
 佐久山地区公民館駐車場 通常毎年14日に開催 

広報おおたわら(令和4年1月号)
黒羽地区の中止についての記述あり

 

「黒田原花市」 不明
 毎年第三土曜日に開催
 公式情報見当たらず

那須町観光協会フェイスブック

黒田原駅前にぎわい商店会フェイスブック

 

「黒磯初市(花市)」 中止

「黒磯初市」中止のお知らせ | 那須塩原市商工会

 

「黒羽花市(黒羽地区)」 中止
広報おおたわら(令和4年1月号)


瀬縫のお不動さま

那須町高久上瀬縫にある瀬縫のお不動さまに行ってきた。 瀬縫のお不動さまは、かつて大変ご利益があることで知られ、広く信仰を集めていた。

戦前は毎月28日に瀬縫不動尊の縁日があり、特に旧正月と旧7月には夜明け前より黒磯駅から続く街道には参詣者の流れが続き、街道沿いには多くの露店が出たという。

f:id:gari2:20210126173514j:plain
上瀬縫の集落を抜けて不動尊の手前の滝の本集落センターの十字路から。現地の方に訊いたら、戦後も縁日の日にはこの参道沿いに露店が並んでいたそうだ。

黒磯市誌でこの瀬縫の不動尊の話が出てくるのは、黒磯駅の成り立ちと乗降客についての項なのだが、温泉地の最寄り駅として季節により利用客が増減したが、毎月28日、この瀬縫の不動尊の参拝客で駅がごった返したというのだ。正月、7月の縁日の日は列車の増発まであったという。

f:id:gari2:20210110121256j:plain
それほどのご利益があったという瀬縫の不動尊。現在では藪に包まれてひっそりと静まり返っている。

f:id:gari2:20210110121213j:plain
うっそうとした通路を抜けると広場になり、灯籠と歪んだ石段があり一段高くなった山の斜面にちょっこりとお不動さまが安置されている。入口の灯籠は昭和36年9月、東京都千代田区西神田のT夫妻による建立。清水の近くの灯籠は同住所同姓違う夫妻による昭和25年旧1月28日の建立。

 

f:id:gari2:20210126173638j:plain
祈願かなった人たちが感謝を込めて社殿を造営すると、たちまち暴風雨が起こって破壊されてしまったという。格式や権威が嫌いなお不動様らしく、今も露天に安置されているのだという。

f:id:gari2:20210110115232j:plain

おびただしい数の奉納剣。以前は手前の上瀬縫の集落の高久家が管理していたが、現在は集落で管理をされているとのこと。

こちらは那須町那須美さんのブログの記事。
那須りんどう茶屋 まいらんせ!奥那須へ 「大欲・・?」

rindoutyaya.at.webry.info

那須美さんは2012年の年末に瀬縫のお不動さまを訪れている。瀬縫を訪れた当時、高久家が管理しておりそちらのおばあさんからまだ奉納剣が買えたという。今回そのお宅を訪ねたが、代が替わり新しい建物に建て替えられ、昔を知ることの出来るものは何もないとのことだった。


f:id:gari2:20210110115259j:plain

こちらが件のお不動様である。風雨にさらされ、陰影が消失しつつある。はたしていつ頃建立されたものだろうか。那須町史によると、大永年間(1511-1528)から続く雨乞い行事が今に至るまで続けられているとある。瀬縫不動尊は別名雨乞い不動と呼ばれている。

f:id:gari2:20210110115015j:plain

f:id:gari2:20210126153052j:plain

石仏のそばには崖から滲みだして流れる清水があり、その流れはお不動さまの鎮座する場所の向かいの池に注いでいる。ここから芦野の方に水脈が伸びていて、 日照りが続くと、近在近郷から「水もらい」に組内・坪内または講中でお参りに来たという。その帰りにはきっと雨が降った。

f:id:gari2:20210110120618j:plain

那須町史の解説でも水不動としての霊験、雨乞いの神さまだということが大きく扱われているが、雨乞いのご利益だけでは遠くから電車に乗って詣でたりしないだろう。奉納剣の願い事をみてみると、受験や商売繁盛などの祈願も目立つ。不動明王は、三鈷剣により魔を退散させ、煩悩や因縁を断ち切り、羂索で悪を縛り上げ改心させ、煩悩から抜け出せない人を救い上げ、迦楼羅焔で魔を焼き払い、煩悩を焼き尽くす。悩み事、願い事を叶えると信じられていたお不動様。

変わった例だと、戦時中、鍋掛の方で2月8日の針供養の際に大きな針刺しを作って瀬縫のお不動様に持って行ったというのがあった。瀬縫の地名も関係するのだろうか。

那須塩原市介護サービス機関紙「あやとり」第25号 2007.03

http://www.city.nasushiobara.lg.jp/14/documents/ayatori21~30.pdf


黒磯市誌によると、かつては、瀬縫不動尊に参る者は必ず大田原不動尊に、大田原不動尊に参る者はまた瀬縫不動尊に参る慣習があり、特に旧正月と旧七月は参詣者が多く、この日は列車を増発するほど盛況だったとある。ここでいう大田原不動尊とはどこのことなのか。ネームバリューでいえば成田山新勝寺の分院、成田山遍照院である。ご住職がなにかご存じないかと成田山遍照院さんにもお話を伺いに行ったが、成田山遍照院が大田原不動尊と呼ばれていたかどうかははわからない、龍泉寺のお不動様も龍頭不動尊として有名だから龍泉寺にも聞いてみてほしい、とのことだった。かたや戦国時代創建の霊験あらたかな 瀬縫不動尊、そして明治17年開創の 新名所?成田山遍照院のお不動さまをあわせてお参りするスタイルが鉄道ツーリズムの流行を背景に流行った、ということなのか。 参詣のために電車が増便されるくらいだから、何らかの資料や文献がありそうなものだ。

 

f:id:gari2:20210110120332j:plain
敷地内に建立されている立派な倶利伽羅剣を模したいくつかの奉納碑は東京の個人や企業の信奉者が建立した昭和50年代のもので、信仰が昭和初期で途切れてしまったわけではないことがわかる。

先ほども触れたように、10年ほど前までは奉納剣も買え、毎月28日の縁日の日には訪れる人もいたようだが、現在どうなのか?すぐ隣のお宅の方の話だと、今でも時おり訪れる方がいることは間違いないとのこと。


瀬縫のお不動さまの手前に廃屋となったお堂が存在する。入口近くにある石碑に「不動尊信者一同」とあることから、瀬縫の不動尊関連の施設だと勘違いされている方もおられるが、こちらは富士・御嶽信仰系の新宗教神道実行教のお堂だった。

f:id:gari2:20210110112235j:plain
皇紀二千六百年の灯籠や記念碑もあり、近所の方に関係をたずねると、瀬縫のお不動様とその施設は関係ない、と教えてくれた。

f:id:gari2:20210110112254j:plain

f:id:gari2:20210110112330j:plain
[表] 東宮妃殿下安産祈願祭神奉齋所
[右] 祈願者 権少教正 黒崎忠平     神力神子 西村峰子
[左] 大正十四年十二月ニ十七日 東宮大夫書状下附
             侍従 落合義誠 書
[裏] 栃木県那須郡 神道実行教会所

           主管者 少講義 西村定

 昭和四十八年一月ニ十八日 外不動尊信者一同 建立
那須町の記念碑にて確認)


瀬縫のお不動さまについて、新たに分かったことがあれば更新したい。


栃木県北 花市・初市2021日程

令和3年の県北の花市・初市は新型コロナウイルス感染症の影響により ほぼ中止となる。黒田原花市に関しては公式情報は見当たらなかったので、那須町商工会に問い合わせを。

 



栃木県北 花市・初市2021日程

 「さくら市氏家暮市」中止

さくら市氏家花市」 中止
 毎年7日に開催

花市の開催中止について – 栃木県さくら市観光ナビ


「花市(西那須野地区)」  中止
毎年11日に開催
西那須野商工会

にしなすの花市 中止のお知らせ

 

「花市(大田原地区)」 中止
毎年1月12日開催 

広報おおたわら(令和3年1月号) | 大田原市


「初市(東那須野地区)」  不明
毎年10日あたりに開催
公式情報見当たらず 


「花市(矢板市)」 不明
毎年13日に開催
公式情報見当たらず

「花市(佐久山地区)」 1/11(火) 10:00-17:00 (時間短縮の可能性)
佐久山地区公民館駐車場 (通常毎年14日に開催 )

福引で新春の運試し 感染防止し佐久山花市 大田原|地域の話題,県内主要|下野

新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン)

大田原、黒羽地区の中止についての記述あり

「黒田原花市」  1/16(土)10:00-18:00 (時間短縮の可能性)
毎年第三土曜日に開催
公式情報見当たらず

栃木県内催事情報(提供:県観光物産協会) | 連合栃木



「黒磯初市(花市)」 中止
毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会
黒磯初市 開催中止のお知らせ


「黒羽大花市(黒羽地区)」 中止
毎年第四日曜日に開催

広報おおたわら(令和3年1月号) | 大田原市