がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

遊園橋工事中

f:id:gari2:20200519113731j:plain

青葉通りと県道56号線の交差地点

f:id:gari2:20200519113753j:plain

青葉通り鹿股橋架替え工事案内板

鹿股橋の架替え工事で青葉通りR400バイパスが通れなくなってしばらく経つ。今年の4月に工事は完了するはずだったが7月に延期している。青葉通りの福渡橋からこの地点までの開通は1988年(S63)のようだが、青葉通りの着工はかなり古く鹿股橋が架けられてから50数年経過しているとのこと(明賀屋社長ブログ情報)。融雪剤で傷みが激しく補修ではすまなかったようだ。

大田原土木事務所
一般国道400号鹿股橋(かのまたばし)架替工事の施工状況について

f:id:gari2:20200519114255j:plain

遊園橋補修工事中

数少ない当ブログフォロアーの方からの情報、塩原温泉郷塩釜の遊園橋が修繕工事中とのこと。さっそく観に行ってきた。

 

garitune.hatenablog.jp

 

f:id:gari2:20200519181754j:plain

 

f:id:gari2:20200519114212j:plain

遊園橋工事中

遊園橋とは・・畑下戸温泉の対岸、袖ヶ沢温泉にあった「萬人風呂霞上館」へ向かう専用道路の入口、箒川に架けられた専用橋のことである。

塩原温泉案内(1922)での袖の沢温泉の説明では
大正八年からの着手だが漸く完全の域に近づきて鹽原第一の名所に数えられる様になつた、鹽釜と畑下戸の中間より新道を開鑿して自動車の往復に差支へ無い。
とあり専用道路は完成しているように思われるが、大正16年6月18日発行(大正は15年までなのだが)のリーフレット「塩原袖ヶ澤温泉案内」(1926)においては、
目下専用道路開通を急ぎつつあり。近く諸車交通自在なり。
とあり、昭和元年時点では自動車の通れる専用道路は全線開通していないようだ。もともとの遊園橋の正式な開通は昭和に入ってから、ということになる。リーフレットにある「新塩原袖ヶ澤温泉入口」はこの塩釜地内のことなのか、もう一方のトテ馬車基地のある須巻温泉入口なのか?

garitune.hatenablog.jp

 

f:id:gari2:20200519114223j:plain

 このコンクリートの遊園橋は、昭和32年(1957)に架けられた橋で既に63年が経過している。今回の工事は橋梁の寿命を延ばすための補強工事とのことで手すり等は特に新しくなったりはしないと思われる。
川岸に降りてみる。

f:id:gari2:20200519114523j:plain

遊園橋20200519

f:id:gari2:20200519114622j:plain

遊園橋20200519-2


f:id:gari2:20080910130331j:plain

2008年撮影

f:id:gari2:20080910130232j:plain

2008年撮影

よくわからんけどRCオープンスパンドレル(開腹式)上路アーチ橋、という分類になるのだろうか。清楚で美しい!!今回の長寿命化工事で充腹式になるのか、鉄骨アーチで添え木をするのか不明だが、いつまでも残ってほしい思い入れのある橋です。

f:id:gari2:20200519114603j:plain

今回の情報によると、橋台部分に旧橋から新橋への移行した際の痕跡があるらしいのだが、足場に覆われていて確認することが出来なかった。工事完了後でも確認出来るものなのだろうか?2008年は河川敷に降りての撮影だったんで一段高いたもとの橋台部分はじっくり観察しなかったんだな。

八幡崎ツツジ群落@那須高原

f:id:gari2:20200519152859j:plain

那須高原八幡崎のツツジ

一日中ぐずついた天気だったが、八幡崎(やはたざき)のツツジが咲き始めたとの話で観に行った。平日の3時過ぎということもあり、なす高原自然の家駐車場には一台も車が止まっていなかった。栃木県は新型コロナウイルスによる外出自粛が解除になったものの、まだまだ感染に不安が残る。

f:id:gari2:20200519153451j:plain

八幡ツツジ 中央展望台から茶臼岳方面

小雨がちらつく中、せっかく来たので中央展望台まで行ってみる。木道前回来た時から新しくなってる?展望台に上がるも那須山塊は見えず。もっと晴れてて満開に近ければ混雑しちゃうしねえ。むずかしいところだ。

garitune.hatenablog.jp

f:id:gari2:20200519153102j:plain

f:id:gari2:20200519153217j:plain

 

garitune.hatenablog.jp

 

ミッツィー申し訳さん 思い出の『ふんよう菜館』を語る

 

ミッツィー申し訳さんが2020年1月31日放送のRNB南海放送『痛快!杉作J太郎のどっきりナイト7』に出演。ミッツィーさんの地元宇都宮にある「ふんよう菜館」の閉店について話していました。

 

www.moushiwake.com


(ひなた)ラジオネームがりつう@栃木さんからです 

地元宇都宮は、プラネットがなくなり、宇都宮パルコも閉店、唯一の希望、ミッツィーさんも大好き「ふんよう」も今日で営業を終えました!(宇都宮はどうなってしまうんだ?!)


ミッツィー申し訳)あーなるほどねえ。

(杉作J太郎)今日でだって。

ミッツィー申し訳)えっと、杉作さんは(プラネット)宇都宮時代に来た時にふんよう菜館って近くの餃子屋さん。

(杉作J太郎)行った!

ミッツィー申し訳)あの店がですね今日で・・

(杉作J太郎)オオサカジーコさんもきてたってとこでしょ。

ミッツィー申し訳)そう、あとライブできたもらった石野卓球さんとかもそこは好きな餃子屋さんで。

(杉作J太郎)あー古い店ですよね。

ミッツィー申し訳)古い、まあ汚い店の中華屋さんなんですけども ふんよう菜館っていう すーごいおいしい・・

(杉作J太郎)おいしかったです。

ミッツィー申し訳)ギョウザはまあ普通キャベツとかあるじゃないですか。

(ひなた)はい

ミッツィー申し訳)そこは白菜ベースなんで肉汁がすごいんですよ。だから小籠包みたいな感じで 皮も全部手作りのモチモチしたやつのなかで・・

(ひなた)モチモチ・・

ミッツィー申し訳)肉汁のする餡を火力の強いやつでバーッとプライパンで焼いて・・

(杉作J太郎)むふふふ

ミッツィー申し訳)蒸し焼きのような状態にして口の中に入れるとジュワーとくるような餃子がありまして。

(ひなた)おおー食べたい

ミッツィー申し訳)で最後このまえ宇都宮にわざわざそのために行って、昼帰ったんですけども、大行列になっちゃってってて。

(杉作J太郎)ああそう。

ミッツィー申し訳)そうなんです。

(杉作J太郎)それはなくなるからってことで?

ミッツィー申し訳)逆に常連の人が入れないくらいで 2日前くらいに行って食べようと思ったんですけど 餃子が売切れちゃって。まあそれでもと思ってチャーハンだけは頂いてきたんですけども 最後ご挨拶して。

(杉作J太郎)ふーん。

ミッツィー申し訳)自分が高校一年くらいから行ってたので、ほんとに三十何年前からお世話になってた。

(杉作J太郎)やっぱりさみしかったでしょう?

ミッツィー申し訳)でもまあしょうがないですけどね。ただ最後ギョウザ食べられなかったのが心残りだったということで。どんどん宇都宮の地盤沈下が進んでるっていう話ですね 宇都宮パルコが 栃木県宇都宮というところがありまして。

(杉作J太郎)宇都宮パルコもなくなった・・

ミッツィー申し訳)そうなんです2年、ん?去年かな?位に閉店して。中心地はちょっとね閑散としてる。

ミッツィー申し訳)それに比べて今日の松山の商店街のほうをぶらぶら歩いたんですけども、シャッター商店街ってふつう地方にいっぱいありますけど、シャッター率が低いですね。

(ひなた)まあ大街道銀天街だけですけどねそれは。他はまだたくさんいっぱい商店街あるんですけどシャッターですね。

ミッツィー申し訳)といってもメインがあんだけあってほんと9割・・

(杉作J太郎)この放送局の近所、萱町ってとこもね、昔はすごい商店街だったんですけど、まだ頑張ってますけどやっぱり厳しくなってきてますね。ただ、でもほんとね大街道銀天街頑張ってますよね。がんばってます頑張ってます。

 

黒磯初市2020

f:id:gari2:20200119133619j:plain
黒磯初市に行った。例年は駅前の線路沿いの通りであるが、駅前図書館が工事中ということもあってか、駅前大通り沿いの原街道十字路から旧4号線までの区間での開催となった。

黒磯初市はかつてはこの駅前大通りで初市を行っていた。S38年には約270mにわたり三筋に露天が並び、さらに宮町通りに延びて人出は県下随一と言われていた時代があった。S47年から黒磯駅構外線通りへ移動、S48年の市は駅前大通りをはさんで東西1.4km、出店約480に及び、規模人出共に驚くべき盛況であったという。

f:id:gari2:20200119133634j:plain
寒さもそれほどでもなく日差しも暖かく、お出かけ日和の日曜日。そもそも黒磯は第4土曜日だったはずだが。

f:id:gari2:20200119133649j:plain
午前10時台でこの人出!今年はまさかの大田原花市の中止で期待が高まる黒磯初市会場である。それは俺だけか。

f:id:gari2:20200119133701j:plain
まちなか交流センターくるる 去年の7月にオープンした施設だ。

f:id:gari2:20200119133716j:plain

f:id:gari2:20200119133727j:plain

f:id:gari2:20200119133740j:plain
なべかけ餅つき唄保存会の皆さんが実演中 

f:id:gari2:20200119151918j:plain

f:id:gari2:20200119145400j:plain
あったよなあ、おみくじやさん

f:id:gari2:20200119133757j:plain
みつけたっ!七味唐がらし屋さん 焼粉(焼き唐辛子)が入っている浅草やげん堀

f:id:gari2:20200119133808j:plain

 満喫した。

参考文献:黒磯市誌 第五編産業経済 第二章商工

garitune.hatenablog.jp

 

黒羽どんと祭2020

f:id:gari2:20200116143308j:plain
那珂川河川敷、黒羽のどんと祭の会場を観に来た。いわゆるどんど焼きとしてはイベント然としていて今まで紹介することはなかったのだが、黒羽地区の活性化のため尽力している人々のアツい想いを記録しておきたいと思った。
まず規模が違う。重機を使ってやぐらを組んでいく。トリゴヤというよりキャンプファイヤー的な。広い河川敷でここなら火の粉がとか煙が匂いがというクレームもほぼなかろう。万一の事態も川の近くなら安心。

f:id:gari2:20200116143339j:plain
ちょっと用事で離れて再訪したらもう出来てた。露店のテントも準備されている。

f:id:gari2:20200116143434j:plain
藁や竹に覆われていない木材のやぐらがむき出しのトリゴヤ。やぐらの下には廃船の突端が付きだしており、その上にはお焚き上げで集められた門松やお飾り、ダルマが並べられている。宝船の趣もありイイ感じだ。

f:id:gari2:20200116143411j:plain
側面には大きな日の丸の扇と鯉のぼり。中学生の火矢で点火するとのこと。近くでは黒羽太鼓のリハーサルが行われていた。

f:id:gari2:20200116143625j:plain

 黒羽商工会青年部のみなさま、関係者のみなさまお疲れ様でした。







栃木県北 花市・初市2020日程

大田原市津久井富雄市長は、11月20日の定例記者会見で、市の二大イベント「大田原マラソン大会」と「大田原与一まつり」を休止する方向で検討していると発表した。新市庁舎建設など積極投資を行った財政状況を考慮し、市の事業全般の抜本的な見直しに着手する。休止期間は2020年から22年までの3年間を想定、今までやってきた行事などを既得権のようにやり通すことでいいのか、いったんご破算にするくらいの気持ちで全ての業務の見直しを議論したい、と述べた。

その関連か何か知らないが、今年の大田原花市は中止となった。

まさかとは思うけど、屋台まつりも中止になっちゃうんだろうか。



 栃木県北 花市・初市2020日程

 「さくら市氏家暮市」12/21(土)13:00-21:00 

さくら市氏家花市」 1/7(火)13:00-21:00
   氏家中心市街地大通り  毎年7日に開催


「花市(西那須野地区)」 1/11(土) 毎年11日に開催
  JR西那須野駅西口桜通り  毎年11日に開催
西那須野観光協会 

「花市(大田原地区)」
(注意)毎年1月12日に開催しておりました大田原花市ですが、令和2年は中止となりました。 
大田原市内の花市


「初市(東那須野地区)」 1/13(月)11:00-15:00
   
JR那須塩原駅駅東口  毎年10日あたりに開催 
那須塩原市商工会東那須野支部フェイスブック
エールなすしおばら

「花市(矢板市)」 1/13(月)11:00-19:30
 
ベイシア矢板店駐車場 毎年13日に開催
矢板市商工会フェイスブック

「花市(佐久山地区)」 1/13(月) 10:00-17:00
  佐久山地区公民館駐車場 毎年14日に開催
大田原市内の花市

「黒田原花市」 1/18(土)10:00-18:00
  那須町役場前から相生町通り 毎年第三土曜日に開催
黒田原駅前にぎわい商店会フェイスブック

「黒磯初市(花市)」 1/19(日) 10:00-18:00 
  黒磯駅前通り(駅前大通り 原街道から旧4号線まで まちなか交流センターくるる) 毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会

「黒羽大花市(黒羽地区)」 1/26(日) 9:00-17:00
  黒羽向旧駅前通り(黒羽郵便局前からR294) 毎年第四日曜日に開催
大田原市内の花市


西那須野花市2020

f:id:gari2:20200111223503j:plain

今年も県北の花市・初市サーキットが始まった。七味唐がらしが欲しくて急きょ西那須野の花市に来てみたのだが、七味唐がらしの露店はいなかった。考えてみたら、もうだいぶ前から西那須野花市で七味唐がらし屋さんを見た記憶がないような気がする。

f:id:gari2:20200111224526j:plain
かつては五差路交差点から西那須野駅前までずらっと向かい合わせに露店が並んでいた西那須野の花市もだいぶ規模が縮小されてしまった。縁起物の熊手も、仏前に供える造花屋さんも、お面やおもちゃを売る店も、農協の植木屋さんも今はみかけない。

f:id:gari2:20200111224600j:plain

それでもこの季節になると花市が、寒々とした空気の中立ち並ぶ華やかな露店が恋しい。かつて新しい風俗、流行は露天商がもたらした。今でもテレビの中の都会の流行をいち早く露店展開する商魂逞しいテキヤさんの動向を見て歩くだけでも楽しい。さあ、次の花市会場はどこだ!?