がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

黒羽大花市2024

県北の花市サーキットの大トリ、黒羽の花市にやってきた。今日1月28日は金丸地区の畔野焼きの日らしく、黒羽に向かう電車道跡はもうもうと立ち昇る煙で真っ白だった。


花市は黒羽向町の旧駅前通り、リオンドール前から国道294号線までの間で行われている。かつては那珂橋西T字路から黒羽向町T字路で折れて東野バスターミナル(黒羽郵便局向かい)のところまでの大規模なものだったらしい。


市神さまはエーエム企画さんの前、かの「ぼこマン」歴代スポンサーだ。当時のおはなし何か聞かせてくれるかな。

ポスターの「福引景品山の如し」のキャッチコピーに心動かされ皆で福引を引いた。この年季の入った福引箱に釘付け!川西町花市と記されており、林業で栄えた黒羽だから、もしかしたら川向こうの田町側にも別に花市がたっていたのかもしれないな。

結果はみんなして末等。

今年は黒磯が悪天候で中止になったのは残念だったけど、大田原、西那須野、佐久山、黒羽とたくさん花市に行けて嬉しかった。今年もいっぱいお祭りに出掛けるぞ!

 

 

garitune.hatenablog.jp

 






加治屋どんど焼き2024

1月14日は小正月の日曜ということで各地でどんど焼きが行われるものと思い、休みをとった。太夫塚のどんど焼きはいつもの会場となっていた場所が宅地となってしまい、開催できる場所を探していると聞いていたが、どこでおこなわれるか分からずじまいだった。結局開催を断念せざるをえなかったのだろう。


佐久山の花市を観に行った帰り、加治屋でもどんど焼きを行なっているという情報を頂いてトリゴヤをさがしてみた。加治屋から親園に抜ける道沿いの田園地帯でトリゴヤを発見した。


遠くからでもわかるかなりの大きさの骨組みだ。声をかけ、撮影と点火を見学させて頂くことに承諾をいただいた。


意外と近くに分譲地があったりする。加治屋のどんど焼きは20年ぐらい前からこの場所で行事を行ってるとのこと。


ほかのトリゴヤや初市を観に行って戻ってきた。角錐の頂点まで藁で覆われるのかと思ったらこれで完成形とのこと。穴倉になっているわけではなく中は伐採した枝葉や竹などがみっしりと積まれている。当然燃やす正月飾りや縁起物は上に積むかんじだ。


5時点火とのことで日が傾き始めてから再訪した。刻々と日没がせまる。


なんともいい雰囲気。もともとは子供会行事だったんだけど、子供会の役員さん達も何かと忙しく、有志での準備、開催となっている。


そして定刻。はじまるぞ。


年神様に一礼。五穀豊穣、無病息災を祈る。


点火。






























 

富池のトリゴヤを見て歩く2024


大田原市富池のトリゴヤを探す。ライスラインから富池温泉神社に向かう側道に入るとさっそく左手の田んぼにトリゴヤが見えた。

富池温泉神社の坂下に車を停めて畦道を歩いてトリゴヤに近づいていくと、ちょうど作業をしている方の軽トラが近づいてきた。

 


撮影許可を頂き、いろいろとお話を聞く。結構な高さの3本支柱で支柱ロープなしで自立させている。今日は風もなく暖かなので特に問題はないようだ。


既に周りは藁で覆いをかけてあるのに、さらに枝打ちされた杉の量が半端ない。このあと中に詰めるのか?点火したあとにくべる用なのか?


富池温泉神社のある高台から燃え盛る炎を眺めてみたいものだ。

富池ではここ舟山地区以外にも吉際、寺方などでどんど焼きを例年行なっているという話を伺った。また個別にトリゴヤを作ってどんど焼き行事を行う農家さんもあるらしい。


とりあえず他のトリゴヤを探しに行く。


情報から富池吉際にある出釜「池の御前湧水地」に来てみた。


すぐ南側にある場所にトリゴヤを発見。


低重心の三本支柱、正面に横棒の補強が入っている。軽トラの轍が同心円状に残っていて宗教儀式観が増しているな。


シンプルだが雰囲気はある。




富池地内をトリゴヤを探しながらみつけたもう一か所。

寺内のマツモトセイコーさんの向かいの田んぼに小さなトリゴヤを発見。

以上、富池でみつけたトリゴヤの記録でした。


戸野内のどんど焼き2024


熊川沿いの戸野内のどんど焼きのトリゴヤを見に来た。


大田原市のサイトで公開されている畔野焼き・どんど焼き予定表に載っている戸野内のどんど焼きのトリゴヤを探しに、昨年も小五郎内橋付近を見に来たが、こちらは基本当日作成のようでまだ施工されていなかった。そして今回ついに念願の戸野内のトリゴヤを発見、記録に成功した。


熊川沿いの護岸脇の道沿いに空地に施工されている。


舗装されていない細道を進むと熊川に欄干の低い古い橋が架かっている。こちらは相馬橋というようだ。

相馬橋の上流の小五郎内橋。小五郎内橋から200mほど下流にトリゴヤが建っている。


同じ川沿いといえば高阿津金沢橋近くの金沢のトリゴヤが思い浮かぶが、あちらよりも重心が低く安定感を感じる。四角錐の内側に伐採した枝葉や竹などを積み、周りを萱で覆ったコタツ型。


南側に覆いが途切れている入口があって、そこから正月飾りを投げ入れるスタイル。

いつか点火に立ち会ってみたい、素晴らしいロケーションです。

garitune.hatenablog.jp

 

黒羽どんと祭2024と高瀬商店

今年の黒羽どんと祭のやぐらはどんな感じなのか様子を見に寄った。

那珂川河川公園で行われる「どんと祭り」今年で46回目だそう。


愉しみはご当地のテキヤさん高瀬商店。羽田沼や光丸山でもおなじみ。




高瀬商店の冬の定番と言えばチビ太のおでん。あたたかい湯気とかぐわしいお出汁の香り。



 

garitune.hatenablog.jp

 



西那須野初市2024

ことしは西那須野の初市と佐久山の花市、どんど焼き特異日、畔野焼きの日が重なり、いろいろ観て回りたいので休みをとった。

西那須野初市、桜通りの会場。11時からの開催でお昼頃に訪問した。日差しも暖かく最高の露店巡り日和。でも生ビールよりも熱燗かホットワイン、焼酎お湯割りだな(売ってません)。


旧いとううなぎ屋付近の駐車場にもテント&移動販売車。コロナ以降の移動販売形式のキッチンカーの普及や、ショップの出張販売的な試みも積極的に行われるようになり、お祭りの屋台・露店巡りに新たな選択肢が広がって嬉しい限りだ。



garitune.hatenablog.jp

 

garitune.hatenablog.jp

 

garitune.hatenablog.jp

 

garitune.hatenablog.jp

 

garitune.hatenablog.jp

 

佐久山花市2024

佐久山花市の会場は2019年から佐久山地区公民館の駐車場にて行われている。

昔ながらの露店は3軒だけなのだが、ほかにキッチンカーが3台出店し会場を盛り上げている。佐久山花市と西那須野初市は昨年より1月第2週日曜日の開催となったようだ。


こちらの会場になってからは初めてで、目の前に車を停められることを知らず、ほほえみセンターの駐車場に車を停めて歩いてきてしまった。いいじゃないか。

当然散財、たこ焼きと唐揚げ。たまんねえ。全屋台制覇も夢ではないのだ。

一番奥に鎮座する市神さまと花市くじ会場。ほのぼのするな。花の佐久山の花市に是非行ってみて!

garitune.hatenablog.jp