がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

矢沢のやな@烏山滝田



那珂川の矢沢の梁に来た。R294バイパスに向かう滝田大橋の分岐から旧道に入ってすぐ川に下りた処の梁だ。たしかここは滝田河岸の跡ではなかったか。うる覚えなので再確認を。 滝田(烏山)河岸はバイパス沿いファミリーブック脇から河川敷に降りた付近。

矢沢というのは地名か、近くに流れている沢の名前だとずっと思っていたのだが、持ち主の名前だった。毎年この簗場を組んでいるのが矢澤建設なのだそうで。船問屋だった家系とか?



それにしても、簗場に流れを導くこの堰の長さ!竹組みの簗場もこの前の鬼怒川大渡より広~い。話によると、この辺の梁で一番大きいのはここよりちょっと下流にある舟戸の梁らしい。簗場に向かう橋桁が長くて結構怖いと聞くが。そちらもいつか訪れてみたいものだ。(注:後日確認したところ、数年前に廃業されていました。詳しくは上記リンク)



天気は最高!父はあいかわらず、お子達を撮らずに梁ばかり撮ってます。



梁のちょっと上流からカヌーの集団が出発した。とても気持ちよさそう。釣り人の心中は・・。



下の子は何匹も鮎を捕まえていたが、上の子は葉っぱを流したり、クルミを拾い集めたりしていた。性格が出るなあ。



イケス箱の中にはモクズガニが。



曇り続きで夏を存分に楽しめなかったので、残暑を味わい尽くしています。



小高い場所にある休み処が思いのほか広かった。ヨシズ天井で結構いい雰囲気です。鮎の塩焼きは一人前2匹で800円。川魚料理オンリーの媚びないメニュー。シブイぜ。

矢沢のやな
烏山町滝田860
0287-84-1187(イイヤナw)

広告を非表示にする