がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

黒田原花市2019

f:id:gari2:20190119132847j:plain

この時期花市・初市開催日に休みが重なるとウズウズしてしまう。昨年に引き続き黒田原の花市に。役場前の相生町通り。

f:id:gari2:20190119133600j:plain
爽やかに晴れているが、那須颪(おろし)が時折吹き付けるこの時期特有の天気。

f:id:gari2:20190119133843j:plain

大島地区のしまたんに会えた。クロロとゆめなは待機時間だったかな。

f:id:gari2:20190119134936j:plain

f:id:gari2:20190119134953j:plain
黒田原花市は他の処よりも地元の人に親しまれてる感が伝わってきていい。

f:id:gari2:20190119135654j:plain
たこやきと鳥皮焼きを食べた。ハットグってまだ食べてないなあ。

garitune.hatenablog.jp

 









大山地区コミュニティ どんどん焼き2019

f:id:gari2:20190111212557j:plain
今年の大山地区コミュニティのどんどん焼きは3連休の前日の1月11日金曜日に行われた。朝から風が強く、今日花市・初市の露店はかなりキツそうだな、と思っていた。



f:id:gari2:20190111212750j:plain
昼間用事の帰りに会場の大山公民館を覗いたら、ドカシートで保護された大きなトリゴヤが鎮座していた。スタッフの方が、このままの風の強さだったら点火は中止になるけど延期には出来ない、なんてよくわからないことを言っていた。どんど焼きやるど点火はしないって?

f:id:gari2:20190111212807j:plain
大山地区コミュニティのどんどん焼きは(大山地区でのどんど焼きの呼び名は「どんどん焼き」である)大山小学校の生徒と親御さんが全員参加するほぼ学校行事であり、トリゴヤ作り、テント設営、炊き出し、駐車場誘導など地域ボランティア、PTAの協力で大々的に行われているので、日を改めて行うことはむずかしい。

f:id:gari2:20190111212640j:plain

午後6時開式。代表挨拶やどんどん焼きの歴史、言われ(大山地区での実施状況について改めて確認したいところ)などが終わり神事へ。

f:id:gari2:20190111212821j:plain

乃木神社宮司により無事神事が執り行われるが、あいかわらず強い風は収まらず。トリゴヤへの点火は行わないが、子供会によるトーチへの点火のみ行うというアナウンス。寒い中急遽開催の奇跡を信じて待っていたが、残念ながらこのまま撤収となった。

どんど焼きは通常は旧正月(1月15日)の前の日に執り行う行事だが、子供たちの参加あってのものであり近年では1/14近くの土日に行われるのが一般的である。


 栃木県北 花市・初市2019日程

 

 栃木県北 花市・初市2019日程

 「さくら市氏家暮市」12/23(日)13:00-21:00 

さくら市氏家花市」 1/7(月)13:00-21:00
   氏家中心市街地大通り  毎年7日に開催

「初市(東那須野地区)」 1/14(月)11:00-15:00
    JR那須塩原駅駅東口  毎年10日あたりに開催 
那須塩原市商工会東那須野支部フェイスブック
Laugh風呂 1月ライブ情報


「花市(西那須野地区)」 1/11(金)09:30-21:00
    JR西那須野駅西口桜通り  毎年11日に開催
西那須野商工会

「花市(大田原地区)」 1/12(土) 10:00-21:00
  大田原市役所通り(ベイシア入口から神明町交差点) 毎年12日に開催
大田原市観光協会 大田原花市

「花市(矢板市)」 1/13(日)11:00-20:00
 ベイシア矢板店駐車場 毎年13日に開催
矢板市商工会フェイスブック
矢板市観光協会


「花市(佐久山地区)」 1/14(月) 10:00-17:00
  佐久山小学校通り 毎年14日に開催
大田原市観光協会 イベント・歳時記

「黒田原花市」 1/19(土)10:00-17:00
  那須町役場前から相生町通り 毎年第三土曜日に開催
那須町観光協会フェイスブック
那須町広報

「黒磯初市(花市)」 1/26(土) 10:00-20:00
  黒磯駅前通り(線路と平行の通り) 毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会

「黒羽大花市(黒羽地区)」 1/27(日) 9:00-17:00
  黒羽向旧駅前通り(黒羽郵便局前からR294) 毎年第四日曜日に開催
大田原市観光協会 イベント・歳時記


会津中街道 奥州駒返坂と下野駒返坂

f:id:gari2:20180905112407j:plain

会津中街道中絵巻 部分

garitune.hatenablog.jp



会津中街道 観音沼から2.5キロほどアスファルト舗装された林道を行くと、「奥州駒返し坂」の説明板が設置されている。北側の斜面を上がっていくと元禄8年に建てられた「奥州駒返坂の碑」がある。

f:id:gari2:20180905112846j:plain
奥州駒返坂の碑

旧道は野際新田宿を出て、林道を左側に逸れ、つづら折でこの碑の処まで上がってきたという。実際の旧道は現在の林道と付いて離れて、少しずつ高度を上げていったようだ。前述の会津中街道中絵巻にも「奥州駒返坂」の表記の脇に「山神」とお社の図とともに「奥州駒返」と書かれた石碑が描かれている。これがこの奥州駒返坂の碑と思われる。

garitune.hatenablog.jp

 
会津中街道中絵巻には下野側にも同様に「下野駒返坂」と書かれている場所がある。

f:id:gari2:20180905112918j:plain
会津中街道中絵巻より

三斗小屋新宿を過ぎ、にを澤(湯川)を渡り長いつづら折の坂を上る。ここに「下野駒返坂」と書かれている。つまり下野駒返坂とは麦飯坂のことだ。
沼面原(沼っ原)の文字の左側に「山神」と「下野駒返」と書かれた石碑、お社の図が。もしこの絵図のとおりなら、下野側にも街道の開削当初に「下野駒返坂の碑」が建立されたのではないか。今のところそれらしき石碑は見つかっていない。

この付近は湿地帯であり何度も道筋が変わっているであろう。沼っ原湿原は、明治から昭和20年頃にかけて軍用馬の放牧地として利用されていたという。


f:id:gari2:20180913180540j:plain
那須野写真帖より

那須野写真帖」は昭和初期大田原町の写真館が作製した県北の町村の主要な施設や名所を網羅した写真集。三斗小屋宿とその周辺のトピックも思いのほか取り上げている。その中に見つけた写真がこれだ。キャプションに「竹の柱に笹の屋根 手鍋下げても、という麦飯坂上の生活」とある。まさに昭和初期の沼っ原湿原周辺付近の様子なのだが、多分炭焼きを生業として暮らす人達の仮小屋を写した写真なのではないか。百村山麓から板室、三斗小屋の旧道沿いのそこかしこに炭焼き窯跡の穴が散見される。

 

茂木文化映画劇場

明治中期 日清戦争の頃、日本で景気がいい地域は「鎮台の安芸広島か、たばこの野州茂木か」と言われた時代があったという。大本営が置かれ戦争特需に沸く広島と並ぶくらいに、たばこの一大生産地であり製造が盛んな茂木が栄華を極めた時代があったというのだ。その後軍備拡張政策により多額の費用が必要になり たばこは専売化されるが、原料産地に近い茂木には専売局直営の製造所が作られ生産製造は続いた。しかし時代と共にたばこの葉の栽培もたばこ製造も縮小の一途を辿った。

f:id:gari2:20181114225917j:plain
栃木県大日本職業別明細図(1925 T14年) 役場の上に大正座がある

f:id:gari2:20181114234123j:plain
栃木県大日本職業別明細図(1937 S12年)

f:id:gari2:20181126200423j:plain
茂木町料理屋組合 下野新聞(T12)茂木町史第6巻通史編2


そんな繁栄した地域だったので、たばこ産業に関わる人々の娯楽のための劇場や、商談や憩いのための旅館や料亭、芸妓の置屋などが多数営業していた。


現在も茂木のかましんもぴあ店2階に「もぴあホール」という映画館がある。この映画館を運営するのは茂木文化映画劇場の瀧田虎男さん。シネコンが主流のなか、栃木県内で単館の映画館が継続しているのは日光の日光劇場と茂木のもぴあホールだけだ。日光劇場の現在の営業形態は各地を回って上映する巡業スタイルなので、純粋な単館の映画館は茂木文化映画劇場が最後の一軒だといえる。

f:id:gari2:20181126195208j:plain
大正座跡地

f:id:gari2:20181126200811j:plain
大正座の舞台 茂木町史第6巻通史編2より

茂木文化映画劇場のルーツは、明治末に現茂木高校下にあった「末廣座」で、瀧田虎男さんの祖父 梅吉さんがたばこエ場の工員の憩いの場として設け、芝居や浪曲義太夫、活動写真などを上演した。次いで大正2年5月、現町役場西側の東郭内に町有志が資本金2,000円の株式会社を作り、芝居小屋「大正座」を開設、興業は梅吉さんが担当した。

f:id:gari2:20180806112822j:plain
昭和館跡地

昭和8年4月、上砂田地内に映画専門館の「昭和館」がオープン、塚本利ー、若井文七、渡辺金三郎らと有限会社を設立し二階建ての立派な映画館は郡内一を誇った。舞台付きの劇場は戦時中は水戸光子玉川良一ら多くのスターが訪れた。木戸で切符がさばききれないほどの大入りだった。同10年10 月10日夕刻に、大正座の映写機のフィルムに火が入り、間口8間奥行15間の大正座と隣家5戸を全焼、2時間後に鎮火した。当時800人余りの観客が映画見物中で大混乱に陥った。

虎男さんの父 和泉さんも興行に携わっていたが、昭和15年に若くして亡くなった。成人になった虎男さんは母親とともに劇場に専念。総天然色(テクニカラー)時代になり客足はピークに。昭和31年、現在の足利銀行 茂木店の地に2番館の「茂木文化劇場」を開館させた。東京五輪を控えてテレビの普及が進み映画は斜陽となり昭和館の方は昭和37年に閉館した。

以後、郡内唯一の映画館として若大将、裕次郎舟木一夫の時代は日に3回上映、中高生の映画教室も開き地域の文化向上に貢献した。昭和50年頃は娯楽も多様化し客足も少なくなり人を雇わずにチケットもぎり、掃除、 映写機操作と一人何役もこなし働き方を工夫した。

昭和61年の水害で茂木文化劇場は被災。客席の泥落としは、臭いし暑いし大変だったが 地域の大切な施設を守ろうと団体の泥かきボランティアが訪れ、瀧田さんはあの時ほどありがたいと思ったことはなかったという。

f:id:gari2:20181126220148j:plain
映写室からの眺め もぴあホールは横4mのスクリーン、全96席

f:id:gari2:20180806111640j:plainもぴあホールと茂木文化映画劇場三代目の瀧田虎男さん

平成5年オープンのショッピングセンターもぴあでの 上映を仲間が誘ってくれ、平成3年、茂木文化映画劇場は幕を閉じた。以前使用していたフィルムの映写機をもぴあホールに移動し、現在はDCP配信のデジタルシステムを稼働している。 瀧田さんはテレビ普及以前の映画館全盛期から現在までの歴史を知る貴重な存在だ。県北にかつてあった映画館についてもご存じだったし、もっと映画館の全盛期の話を伺えたらと思う。いつまでもお元気で。

参考:真岡新聞、下野新聞記事、茂木町史

あまや座@那珂市瓜連

f:id:gari2:20180819013802j:plain
茨城県那珂市瓜連に昨年(2017.10.14)出来たミニシアター、あまや座に来た。

茨城県北 瓜連に芸術文化と人の交流の場を」の名のもとにクラウンドファンディングと市民ファンドの支援で作られた映画館。これがどんなにすごいことだかわかるだろうか?Netflixamazonプライム、UPLINK Cloudなどネット配信全盛の世の中、県庁所在地にあるヒカリ座ですらなかなかきびしい状況。公開時期が多少ずれるとはいえ、地方でマイナーなミニシアター系の映画が観れる映画館が存在することがどんなにすばらしいことか!隣県で多少遠方とはいえ、鑑賞チャンスが増えるのは大歓迎だし、観たいプログラムがあれば行くでしょう観るでしょう。

f:id:gari2:20180819013820j:plain
これは敷地内のもともとあったスーパーの建物。現在はAMAYA SPACEというイベント施設になっている。駐車場の一角に映画館がある。

f:id:gari2:20180819013941j:plain
想像以上に小さな建物。31席!!

f:id:gari2:20180819013833j:plain

f:id:gari2:20180819013849j:plain
バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋 完全版」連続上映をいざ。