がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

本県遊廓増設問題(2)(明治32年)

f:id:gari2:20191007210928j:plain

本県遊廓増設問題(2)  下野新聞 M32.10.14

減租廃娼主義者大懇親会 は郡会議員当選の祝いを兼ね、本日八日午後一時より、安蘇郡新合村閑馬高林寺に開けり。朝来の晴天加うるに日曜なりしをもって、会員三百二十余名の多きに達し、定刻には場の内外に充満せり。やがて発起総代桑子光吉氏起て開会の趣旨を述べ次て尾花九平氏登壇郡会議員当選の祝意を述べ、過日県議会議員選挙に賤業者藤沼某を選挙せる者多きは、痛く本村の体面を汚し、実に遺憾千万なり。以後は必ず斯る人物を選むからずとて慷慨なる一場の演説をなし次に栗原彦三郎起て廃娼の必要なる理由十五ヶ条を掲げ、道徳国家社会の三方面を立論し、大いに県令第六十号を非難し速かに取消さしめさるからずとて縷々(ろうろう)二時余の長演説をなし終わるや来賓総代栗原助三郎氏起て謝辞を述べ旁々(かたがた)選挙に関し警告する所あり。次に新郡会議員遠藤彦四郎氏答辞を述べ、これより宴会に移り献酬たけなわなる頃、栗原彦三郎氏は、左の決議案を朗読し、一人の異議を唱うるものなく満場一致をもってこれを可決せり

決議案

一、政治上の問題についてはすべて行動を共にすると

一、あくまで減租の主義を採り並に十四議会に向て減租の請願をなすと

一、県令第六十号の取消を請願し、並檄を発して県下の志気を鼓舞しおおいに県令取消の運動をなしおいて公娼の全廃を計ること

一、溝部惟幾氏は痛く本県の体面を汚し、県民を侮蔑せるをもっておおいに排斥し、並に来たる県会に於いて県知事信任問題を提出せしむると

一、すべての議員は必ずこれを減租派候補者中より推選すると

右の実行を期するため実行委員五名を選挙し、桑子光吉、栗原彦三郎、木村保吉、矢島豊吉、遠藤彦四郎の諸氏当選し、談笑のの間に宴をおわり、午後七時半頃散会せしが、同地未曽有の盛会なりしという。

尚志会の取消建議 田沼町尚志会員の県令取消運動については、前号記載のごとくなるが、同会員が町会議長に宛差出せる建議書は左のごとし。
本年九月県令第六十号をもって本県溝部知事は遊廓の増設をなしたり。本町新たにその数に入る。何の必要があって増設せられたるか、生等(せいら、我々)のはなはだ解するにあたわざる所なり。生等はつとに公娼を廃せられんとを熱望するものなれども、いまだ時運の至らざるをもってこれを忍ぶも公娼の許しある実に慨嘆に堪えざるなり。生等他郡の地誌町村の状況盛否を知らざれば、切にこれを論議するとあたわざれどもおそらくは遊廓の増設を歓迎するものあらざるべし。よくも遊廓の社会に有毒を流すも盆なきは、今さら生等の喋々を要せずして明なり。思うに遊廓を増設せられたる要旨は、淫売を防ぎ、徴毒の弥漫健身(びまんけんしん)を保護するにありとするか、決面然らざるべし遊廓付近の地は一層風俗を乱し、産を傾け、家を失う腐腸の徒多しと聞く。かいして本県には酌婦なるものあり、二等芸妓なるものありて、至る所の微々たる酒楼と言えども、ニ三娼妓然たるものありて、風俗壊乱の聞こえ少なからざりしが、飲食店取締規則を励行せられてして、風俗の矯正を計り一方に遊廓を増設して、悪風を増長せしめんとするは、あたかも身投げを救いて海中に突き入るる擧と言わざるを得ず。豈前後の矛盾もはなはだしいとせんや想うに、本郡北辺の人民は、一層純朴にして家を守り、郡を愛し国を護り、殖産興業の発達を謀りつつあるにあらずやしかるに本町に遊廓を新設せらるるは、風俗壊乱の主因を作り、前途嘱望の少年子弟をして不良の徒に入らしめ、産を失い国家に盡忠(じんちゅう)せざるからざる幾多青年をして、徒に浮浪の輩たらしむるの憂すくなからず己に当地に遊廓指定せらるると言えども、いまだ家産を建設するの難しきを信ずゆえにこれを建設せざるに先だち、県令第六十号中より田沼町設置取消を県知事に建議せんとするも、不肖青年輩の建言は理あるも是認せられざるの嫌なしとせず、幸なるかな本日町会の開会ありと聞く賢明なる議員諸君生等の微衰(びすい)を採り、不文を咎めず、県知事にこれが取消を上申せられんとを焦眉(しょうび)の急あえて乞う。 頓首敬白

栃木県青年尚志会六十四名惣代十一名

 

garitune.hatenablog.jp

garitune.hatenablog.jp

 

本県遊廓増設問題(1)(明治32年)

f:id:gari2:20191007163417j:plain
明治32年9月に発布された栃木県の遊廓設置規程。その翌月に下野新聞に掲載された遊廓増設問題に伴う各地の反応。第一回は足利と田沼。常用漢字現代仮名で書き起こした。

本県遊廓増設問題(1) 下野新聞 M32.10.13

昨月十五日突然として発布せられし本県遊廓設置規程は、県民に一大喫驚と与えしは、今更言うまでもなき事にて、該規程中現在の妓楼に対し、遊廓地を指定し移転せしむとの一項においては、暫らく不可なしとするも、それすら彼の醜聲(しゅうせい)の因たるにかかわらず、大胆にも九箇所の遊廓を指定増設せしめんとするに至りては、早く既に県下各地の物議を生せしもののごとく、青年は先つ動き有志は次て起ち、増設に反対し一挙にして県令の取消を求め、これを貫かずんば止まざるの勢あり。今左に各地よりの報を掲くべし。
足利友愛義団の運動 足利郡足利町青年有力家の結合に成れる足利友愛義団は、当時本紙上に再三報道せるごとく、公娼存置の不可を論じ、あくまで廃止の目的を達せむとし、知事県会並内務当局者に向て、廃娼建議書を提出し、近くは廃娼演説会を開き、人心を鼓舞しもってその目的の貫徹に勉めしほどなるが、現時の県知事なる溝部惟幾氏は、何か大なる理由のありと見え廃娼建議書を字にせるにかかわらず、突然県令第六十号を発し、ひとり遊廓に対し縮少主義を取らざりしのみならず、かえってこれを増設するに至りしより、義団員諸氏の憤慨一方ならずまづ該県令の取消を求め、さらに進んで公娼廃止の素志を徹底せんとし、昨今熱心に協議中なりといえり。

足利地方有志の奔走

友愛義団員の一群は、前項のごとく熱心運動中なるが、足利町地方の有志者もおおいに該県令の不当と不都合とを鳴らし、これを取消さずんば栃木県の名誉を泥委(でいい)し去るに至るべしとて、同志の人士を紏合し、県令取消の建議書を本県知事に提出し、併せて内務大臣に陳状せんとて目下同志の調印を求め居るが、大抵取揃えし由にて不日委員を出県せしめ、更にそれより上京主務大臣に向て陳状すとなお同志の人々はこの際檄を四方に飛ばし、輿(世)論公義を喚起し、あくまで不当なる知事の処置を排撃するはずなりという。

田沼青年会の決議

安蘇郡田沼町青年の結合団体なる田沼青年会は、遊廓設置規程の発布にあたり、現に同地に対し新たに遊廓地を強制指定せられあるを見て、非常に激昂し、要するにこれ我地方民を侮辱するの甚しきものなりとて、会員大串廣平氏は遊廓設置可否の討議案を提出し、臨時会を請求せるより去月ニ十七日、本月三日(例会)、七日の三夜開会おおいに講究する所ありしが、大多数の賛成をもって断然これを排斥し大々的運動する事に決議せしと今その概略を報せんに九月七日夜臨時会を開き、相田幹事の開会の辞あり、会員大串廣平氏、田沼に遊廓設置可否いかんの問題を提出し一場の演説あり。内田、川田、原田の諸氏各賛成意見を述べ、ニ三の反対者ありたれ共決するあたわず、継続問題として次会に討議する事となしたり。十月三日夜(例会)引続き遊廓問題について討議する所ありしも、出席者少数にて決議する事あたわず散会せしは遺憾なりし。よって七日夜、臨時会を開会したり。来会者五十余名、相田幹事の開会の辞終わって、提出者大串廣平氏登壇し、存娼の弊害より説き出だして、田沼に遊廓設置不可なることを熱心に演ぜられ、内田、栗原、川田、相田、原田、大関諸氏の賛成、田村善十郎氏の反対あり。激論数刻ののち採決せしに、排斥賛成者多数にて遊廓排斥については極力運動する事に決議し、その委員として大串廣平、田村長三郎、川田勝之助、相田七郎治、小林粂蔵、内田新三郎、翏沼恒吉の七氏当選しそれより茶話会に移り、談笑快談散会せしは十二時頃なり。しかして委員会は去る九日夜開かるるはずなりし。

尚志会員の建議

同じく田沼町大字栃本青年の組織になれる尚志会(しょうしかい)なるものあり。該会はもっぱら学術弁論の研究をなすをもって目的となし、すこしも政令に容喙(ようか)せず、会員はますます自主独立の精神を養成しつつありしが、県令六十号遊廓増設については、青年をして不覉(ふき)の精神を減殺せしめ、おわりに国家衰亡の基因をなさしむるものなりとて、田沼町に新設の一項取消を請願せんとて、もっぱら運動中なりしが。この頃の町会に向こう一篇の建議を提出し、町会にては満場一致をもってこれを受理したりとしかして会員はなお足れりとせず、時宜を見て県知事に迫らんとする決心なりという。その建議の要旨は次号に記載すべし。

garitune.hatenablog.jp

 

 

栃木県遊廓設置規程(明治32年)

明治後期から大正にかけて、旧宿場町の繁華街に点在していた遊廓(貸座敷)が「風紀上よろしからず」という理由で集団移転を行っている。明治32年(1899)に発布された遊廓設置規程により正式に遊廓の営業を許可された地域が指定された。これにより今まで繁華街に点在した貸座敷や引手茶屋を集団移転するいわゆる「新地」の設置場所が規定されたと言えるだろう。

遊廓設置規程 明治三十二年九月 県令第六〇号
第一条 貸座敷及引手茶屋営業ハ遊廓区域内ニ限ル
第二条 遊廓ハ左ノ地域内ニ置ク
 宇都宮市 河原町
 河内郡 富屋村大字徳次良字上座禅堂
 下都賀郡 小山町大字上鳥谷字長福寺
 同   郡 石橋町大字石橋字牛井戸
 同   郡 富山村大字富田字竹ノ内
 同   郡 壬生町大字壬生字下台東
 同   郡 家中村大字平川字関取塚
 阿蘇郡 堀米町大字堀米字安良町上北
 同   郡 田沼町大字田沼字中道
 足利郡 御厨村大字福居字中里小字上
 上都賀郡 鹿沼町大字西鹿沼字一丁田
 同   郡 西方村大字金崎字原
 同   郡 今市町大字今市字清水川
 同   郡 足尾町字向原
 塩谷郡 喜連川町大字喜連川字松並
 同   郡 氏家町大字氏家字伊勢後
 塩谷郡 矢板町大字矢板字東原
 那須郡 田原町字沼ノ袋
 同   郡 佐久山町大字佐久山字四ツ谷
 同   郡 烏山町朝東裏
 同   郡 黒羽町大字前田字郷前
 同   郡 那須野村大字黒磯字原街道上
 芳賀郡 真岡町大字荒町字妹内
 同   郡 茂木町大字茂木字上ノ平
 同   郡 久下田町大字谷田貝字天水場
第三条 遊廓地ハ左ノ各項ニ該当スルコトヲ要ス
 一 面積二千坪以上八千坪以下
 一 官公衙学校病院又ハ重ナル作業所ニ接近セサルコト
 一 国道県道又ハ交通頻繁ナル里道及鉄道線路ニ接近セサルコト
第四条 遊廓ノ構造ハ左ノ各項ニ該当スルコトヲ要ス
 一 遊廓ノ形状ハ方形又ハ円形ナルコト
 一 遊廓ノ道路ハ五間以上タルコト 但裏道ハ此限ニアラス
 一 遊廓ハ其境界ニ相当ノ墻塀ヲ設クルコト
 一 遊廓ノ内周囲ニハ六尺以上ノ余地ヲ存スルコト
 一 遊廓内ニハ相当ノ下水ヲ設クルコト
第五条 遊廓ハ其区内ニ於テ営業ヲナサントスル者ノ申請ニ依リ知事之ヲ指定ス
第六条 前条ノ申請ヲナストキハ第三条第四条各項ニ対スル計画ヲ詳記シ図面ヲ添エ
 所轄警察官署ヲ経由スヘシ 但申請ノ土地他ノ所有ニ係ハルトキヘ地主の承諾書ヲ
 添付スヘシ
      附 則
第七条 従来ノ免許地ハ明治三十七年十二月三十一日迄其効力ヲ有ス
 前項ノ期限内ト雖トモ新規営業譲受譲渡ヲナスコト得ス 但相続ニ係ルモノハ此限
 ニアラス  

 

下野新聞M32.10.26掲載「那須郡大田原便り」で反対運動が報道されていた大田原の貸座敷移転問題は、そのまま候補地の沼の袋が採用されている。しかし大正13年の松井天山による「大田原町真景図」にもみられるとおり、その後新地は深川に移転しており、その正確な時期と詳細に関しては今後確認してみようと思う。同記事にあった通り、この県令により県北の黒磯遊廓と黒羽遊廓が出来たことがわかる。鉄道敷設でますます発展する黒磯と、林業の盛んな黒羽だ。また下野新聞ではこの年の10月に「本県遊廓増設問題」というタイトルでこの関連記事を10回にわたり掲載している。この内容についてはまた次回紹介していく。


またこれ以前の栃木県における遊廓の存在に関しては、明治26年(1893)2月発布の栃木県貸座敷娼妓賦金徵収規則 栃木県令第22号 において、各地域の盛況具合によって賦金徵収額を甲乙丙の3ランクで定めているリストがある。

甲部 宇都宮 甲部 宇都宮町 

乙部 鹿沼町、足尾町小山町、家中村、大田原町、堀米町、御厨村、梁田村 

丙部 西方村、北押原村、富屋村、富山村国分寺村、石橋町氏家町喜連川町烏山町、蘆野町、佐久山町、鍋掛村

このリストをみると、明治32年の遊廓設置規程に選定されていない地域があることがわかる。梁田(足利市)、北押原(鹿沼市)、国分寺(旧下都賀郡下野市)、蘆野(那須町)、鍋掛(旧黒磯、那須塩原市)がそれだが、鍋掛と蘆野(芦野)は江戸期に栄えた旧奥州道中沿いの宿場町にある色街である。旧奥州道中沿いの宿場町であった地区は氏家、喜連川、佐久山、大田原などが遊廓設置規程に含まれている。大田原以北の鍋掛、芦野は鉄道計画から外れたエリアで時代の変化とともに繁栄に陰りがみえはじめており、明治32年の遊廓設置規程では選定されなかったのではないか。

参考:栃木県警察令類纂 栃木県警察部(M27)、栃木県警察類典 栃木県警察部 編纂 栃木県警察部(M34)



黒田原花市2019

f:id:gari2:20190119132847j:plain

この時期花市・初市開催日に休みが重なるとウズウズしてしまう。昨年に引き続き黒田原の花市に。役場前の相生町通り。

f:id:gari2:20190119133600j:plain
爽やかに晴れているが、那須颪(おろし)が時折吹き付けるこの時期特有の天気。

f:id:gari2:20190119133843j:plain

大島地区のしまたんに会えた。クロロとゆめなは待機時間だったかな。

f:id:gari2:20190119134936j:plain

f:id:gari2:20190119134953j:plain
黒田原花市は他の処よりも地元の人に親しまれてる感が伝わってきていい。

f:id:gari2:20190119135654j:plain
たこやきと鳥皮焼きを食べた。ハットグってまだ食べてないなあ。

garitune.hatenablog.jp

 









西那須野花市2019

f:id:gari2:20190111221303j:plain

花市初市ツウなら日が落ちてから出掛けないとねっ、などと悠長にしてたら時既にお寿司の撤収タイム!また来年!!  明日の大田原に行けばいいさっ。

 

大山地区コミュニティ どんどん焼き2019

f:id:gari2:20190111212557j:plain
今年の大山地区コミュニティのどんどん焼きは3連休の前日の1月11日金曜日に行われた。朝から風が強く、今日花市・初市の露店はかなりキツそうだな、と思っていた。



f:id:gari2:20190111212750j:plain
昼間用事の帰りに会場の大山公民館を覗いたら、ドカシートで保護された大きなトリゴヤが鎮座していた。スタッフの方が、このままの風の強さだったら点火は中止になるけど延期には出来ない、なんてよくわからないことを言っていた。どんど焼きやるど点火はしないって?

f:id:gari2:20190111212807j:plain
大山地区コミュニティのどんどん焼きは(大山地区でのどんど焼きの呼び名は「どんどん焼き」である)大山小学校の生徒と親御さんが全員参加するほぼ学校行事であり、トリゴヤ作り、テント設営、炊き出し、駐車場誘導など地域ボランティア、PTAの協力で大々的に行われているので、日を改めて行うことはむずかしい。

f:id:gari2:20190111212640j:plain

午後6時開式。代表挨拶やどんどん焼きの歴史、言われ(大山地区での実施状況について改めて確認したいところ)などが終わり神事へ。

f:id:gari2:20190111212821j:plain

乃木神社宮司により無事神事が執り行われるが、あいかわらず強い風は収まらず。トリゴヤへの点火は行わないが、子供会によるトーチへの点火のみ行うというアナウンス。寒い中急遽開催の奇跡を信じて待っていたが、残念ながらこのまま撤収となった。

どんど焼きは通常は旧正月(1月15日)の前の日に執り行う行事だが、子供たちの参加あってのものであり近年では1/14近くの土日に行われるのが一般的である。


 栃木県北 花市・初市2019日程

 

 栃木県北 花市・初市2019日程

 「さくら市氏家暮市」12/23(日)13:00-21:00 

さくら市氏家花市」 1/7(月)13:00-21:00
   氏家中心市街地大通り  毎年7日に開催

「初市(東那須野地区)」 1/14(月)11:00-15:00
    JR那須塩原駅駅東口  毎年10日あたりに開催 
那須塩原市商工会東那須野支部フェイスブック
Laugh風呂 1月ライブ情報


「花市(西那須野地区)」 1/11(金)09:30-21:00
    JR西那須野駅西口桜通り  毎年11日に開催
西那須野商工会

「花市(大田原地区)」 1/12(土) 10:00-21:00
  大田原市役所通り(ベイシア入口から神明町交差点) 毎年12日に開催
大田原市観光協会 大田原花市

「花市(矢板市)」 1/13(日)11:00-20:00
 ベイシア矢板店駐車場 毎年13日に開催
矢板市商工会フェイスブック
矢板市観光協会


「花市(佐久山地区)」 1/14(月) 10:00-17:00
  佐久山小学校通り 毎年14日に開催
大田原市観光協会 イベント・歳時記

「黒田原花市」 1/19(土)10:00-17:00
  那須町役場前から相生町通り 毎年第三土曜日に開催
那須町観光協会フェイスブック
那須町広報

「黒磯初市(花市)」 1/26(土) 10:00-20:00
  黒磯駅前通り(線路と平行の通り) 毎年第四土曜日に開催
那須塩原市商工会

「黒羽大花市(黒羽地区)」 1/27(日) 9:00-17:00
  黒羽向旧駅前通り(黒羽郵便局前からR294) 毎年第四日曜日に開催
大田原市観光協会 イベント・歳時記