読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

カタナさし

小正月イブの1月14日。塩原のツイ友さんから

夕方ですが今日は子供達が刀さしに来ました この辺りの地域の厄払いの伝統行事です 

 というつぶやき。「 刀さし 」とは? はじめて聞いた。どんなことするんだろう?ぼうじぼ的な?

えいえいヤーと刀を写真のように合わせるんですよ 私も詳しくわからないのですが、刀もツバも大人と一緒に作ってるんです ぼうじぼは、また別に来ますよ

f:id:gari2:20150129204420j:plain

塩原といえば源三窟。有綱伝説に関係した行事?あるいはラストサムライ戊辰の凌霜隊が思い浮かぶ。うちのほうはそんな行事ないんで、どんど焼きの前日にあるこのイベントに興味持って調べてみる。さてさて。


塩原図書館に行く。まずは「塩原町誌」を見るが民俗紹介は載ってない。県教「中塩原の民俗」って報告書にも未掲載。司書さんが公民館の方にも聞いてくれたんだけど云われについてはわからず。

f:id:gari2:20150129204615j:plain

 収穫なく、なじみの日帰り温泉に寄った。ここは地元客の多いさくい客層の温泉。全く知らなくてもサウナとかで世間話をする。今回は思い切って「刀さし」についていろいろ聞いてみた。

蟇沼の方からの聞き取り 

単に「カタナ」と呼んでいた。小正月どんど焼きの前の日、「ノテボウ」というウルシの木に似た木を切ってきて刀を作る。

 白くなるまで削らず、青くなる程度に表皮を剥く感じで。刀の鍔も桐や松で作った。カタナは元々男の子だけで行う行事で、作ったカタナを持って集落の家々を回っておかしやおもちを貰う。

今は少子化で女の子も参加するが、昔は女の子は恥しくて嫌がったそう。集落の家々の女はカタナではなく小さなウスを作って迎えたとのこと。今この行事を行っているのは塩原・関谷・蟇沼・宇都野で金沢はやってないとのこと。

 

刀と臼、男と女の張形がカタナとウスにぼかされて刀だけ残ったのでは?もしや夜這いの予行演習を形式化した行事なのか?男の子の成人の儀式、それで成人式は小正月にやるのかな・・なんて。

小正月どんど焼き、サエの神、嫁たたき、嫁占い・・・。

最初の塩原のツイ友さんから情報

回覧でまわった刀さしの説明?は小正月に木の刀で行う鳥追いの行事で、刀で害鳥やその年の厄を追い払う、となっていました この辺だけなのかな…

鳥追いってのはどんど焼きも同じだよね。竹をはぜさせて害鳥を追い払う行事。

金沢出身のツイ友さんからの情報

こちらでは「刀きり」と呼んでた。その日の夜がどんどん焼きですね ツバの部分はオヤジに杉で作ってもらった記憶があります  ぼうじぼと並んでお祝いもらえるから楽しみな行事の一つでした 

カタナさしあるある 間違ってウルシで作ってカブれる~ とか盛り上がってたサウナの中で。おじさんがカタナの今のご祝儀相場、集落ぐるっとまわると八千円くらいになるっていってた。いいなあ、正月にお年玉、小正月にさらにボーナスか。

ぼうじぼ、刀きり、箒根神社神輿、おたけさんの梵天私の世代くらいは男のみでした 元々親戚からお年玉なんてもらえないから刀きりがお年玉でしたよ(笑)  

現在金沢は刀さしやってないと言ってたけどどうなんだろう?

廃校が決まっている金沢小学校の児童数は10名程度  どんどん焼きはやってますがぼうじぼもキツイ地域です 

 ・・なるほどな。少子化過疎化は長く続いた行事も途絶えさせる。

その後、ネットで答え合わせ。




#04 桑取谷、伝統の小正月行事 | 003 かくも美しき里山の年寄りたち 佐藤秀明 Hideaki Sato | 日本列島 知恵プロジェクト


お正月って…実際いつまで?あまり知られていない”小正月”とは - NAVER まとめ



鳥追いがトリゴヤに火をつけて無病息災を願うこの行事のクライマックスを指しているのでなく、前日夜の子供たちによる練り歩きのほうとは。
嫁占い=嫁たたきは新婚のお嫁さんに早く子どもができるようにとお嫁さんを追いたてる「成木責め」の人間版のような行事。刀作り=カタナさし=刀切りは「嫁占い」のための小道具づくり。塩原・箒根のカタナさしは子供たちが鳥追いの厄払いをするため「嫁占い」の小道具を持って集落の家々を回る行事だった。集落の人たちの代表で子供たちが新婚さんの子作りを急かす嫁つつきも嫁占いも子孫繁栄を願う儀式であるからあながち的外れではないのかもしれないけど。

ネットで調べた他地区の行事紹介では仕事始め初山入りで切ってくるノリデの木で刀を作るとある。 ノデボウ=ノリデの木は同じものか?西那須野旧村地区にもある民俗行事、小正月に食べる「小豆粥」のハラミ箸も「ノデンボウの木」でつくる とある。「成木責め」の解説でもこのノデボウは出てくるな。木をたたく棒がノデボウ。加工しやすいという特徴以外に特別な植物なんだろうか?

広告を非表示にする