がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

晩秋の沼ッ原

そんなわけで、沼ッ原に来た。

生憎の曇り空。もっとスコーンと抜けた青い空と紅葉のコントラストが撮りたいところ。
正直、夏を過ぎると湿原は枯れた原っぱみたいな状態なので、見どころに乏しい。
寂しげだけど、これはこれでいいと思うのだが。

f:id:gari2:20150118212753j:plain

夢中になって写真を撮っていたので気づかなかったのだが、この時、娘が木道から落ちそうになっていたのな。

f:id:gari2:20150118212819j:plain

 アップ

それにしてもタフだぞこの娘は。自分で歩くと云ってきかない。

f:id:gari2:20150118212855j:plain

ほめたとたんに抱っこかよ。

f:id:gari2:20150118212917j:plain

義母の記憶だと、昔は駐車場から歩いてすぐ湿原のところに行けたそうだ。沼原調整池の完成はS49(1974)年。それ以前は、調整池の場所も湿原だったのかな?たしか馬の放牧に使われてて、かなり荒れていたのを、調整池の完成後に保護活動を行ってここまで回復した、と聞いたことがあるが。

f:id:gari2:20150118212936j:plain

沼ッ原へ向かう道はほれこの通り。程よい紅葉ぶり。今度の週末は大渋滞必死か。

広告を非表示にする