読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

1966年の映画館広告から

雑談

f:id:gari2:20151010173018j:plain
1966年12月下野新聞掲載の宇都宮カブキザ広告 

当時の栃木県内の日活系映画館がわかる。

足利日活 佐野日活電気館 栃木日活文化 鹿沼東宝 日光劇場 大田原太陽劇場 小山銀星 真岡映劇 西那須野太陽劇場 今市千歳座 矢板昭和館 烏山平和館 足尾キネマ 雀宮映劇 氏家新生館 黒羽東毛座

大田原の太陽劇場はもともとは上栄館といった。映画館からサウナ太陽になり現在は更地になっている。黒羽東毛座ってどこにあったんだろう?東野黒羽駅前通りかな? 

f:id:gari2:20151010174051j:plain

同じく1966年12月下野新聞の宇都宮ヒカリ座/ミヤマス座の翌年正月映画の広告

こちらには県内東宝系の映画館が。 足利東宝アサヒ座 日光劇場 今市千歳座 鹿沼セントラル 小山銀星座 栃木松竹館 西那須野劇場 雀宮映劇 足尾キネマ 大田原セントラル 矢板昭和館 真岡東宝 烏山アサヒ座

1960年代当時のヒカリ座広告は新東宝とかのポルノの印象があるけど、一般の映画もかかるのだな。地方の二番館は一館しかない場合は系列関係なく配給するのだ。

広告を非表示にする