がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

ジャックの豆の木

f:id:gari2:20140224221649j:plain

新書「タモリ論」のアンサーなのかタモリ本が2冊出た。とにかくあの新書は酷かった。「エッセイ タモリのこと」というタイトルで出版されていたとしても、あまりの浅さにイラついていただろう。この2冊はあえて内容がかぶらないような構成といい人選といい、もう大変オススメです。あえてひと言言うなら「読本」の表紙ダサっ。 

タモリの一番古い記憶といえば三菱鉛筆BOXYのCMか。日曜夕方の「夕刊タモリ!こちらデス」(1981-82)から深夜に移動した「タモリ倶楽部」を観続けて現在に至る。
タモリの逸話として上京して夜がな密室芸を披露していた新宿ゴールデン街の酒場「ジャックの豆の木」の存在が昔から気になっていた。ジャックの豆の木がどこにあったのか知りたくてあたった資料がこれ。

f:id:gari2:20140224215857j:plain

新宿ゴールデン街マップ1977」雑誌アングル創刊号(S52.7月号)より。しかしこのマップにはジャックの豆の木の店名は見つけられない。既に閉店していた?タモリ関連年表によると、ジャックの豆の木は77年の7月に閉店だから、マップ作成取材時は存在したはずなんだけど。ううむ。


アングルにこんな懐かしい広告が載っていたので載せておく。

f:id:gari2:20140224230342j:plain

俺の中では「出没!!おもしろマップ」と「夕刊タモリ!こちらデス」は同時期の放送だと思っていたのだが、数年のズレがあることを知った。1977-79だって。どちらもフルハウス(現ハウフルス)製作。のちの「出没!アド街ック天国」(?)

 

 

タモリ読本 (洋泉社MOOK)

タモリ読本 (洋泉社MOOK)