読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

むかしの温泉風景@那須野が原博物館

f:id:gari2:20130418191730j:plain

f:id:gari2:20130418191740j:plain

那須野が原博物館の企画展「むかしの温泉風景」を観に行く。

フライヤのかわいいデザインは「ねこの温泉」という錦絵。展示では「甲子温泉」というタイトルのねずみのキャラクターの錦絵もあった。

温泉番付、有名温泉の真景図、鳥瞰図の案内地図、温泉地パンフレットや、当時の様子を写した古絵葉書などが展示してあった。お湯の神様、白湯山大権現のお札の展示があったのは驚いたが。塩原紅葉社発行のシュールな「塩原温泉御土産画報」の一部始終が見れたのはうれしかった。大正よい子塩原案内みたいな。作者の君島茂右衛門・手塚朝四郎氏が気になる。三斗小屋温泉の温泉案内なんてレアなものも。

せっかくだから、地元温泉地の当時の様子をもっと多く紹介してほしかった。
博物館の古絵葉書コレクションはきっとあんなもんじゃないよね。