がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

日新の馬頭観音

PUUさんに教えていただいた「あじさい橋」手前、日新の馬頭観音を観に行ってきた。

せっかくなので、鍋掛宿内の湯道交差点からスタート。

f:id:gari2:20150118205059j:plain

鍋掛正観寺前の道標

[正面]
      右芦野町ヨリ白河ニ至
紀念  向
      左金田村ヨリ大田原ニ至
[右]
      右黒磯那須温泉
紀念 向
      左寒井ヨリ経川西ニ至
       
[左]
   青年團鍋掛支部
[裏]
   昭和三年十一月

正観寺脇を通り、細くくねくねした湯道を北上する。しばらく行くと住宅地となり、広域農道にぶつかった。その角には塔碑はなかったが、右折してすぐに右手に件の馬頭観音があった。

f:id:gari2:20150118205121j:plain

[正面]
    右 なす道
梵字カン)馬頭観音
    左 いたむろ道
[裏面]
なべ可け町 三輪彦六
宝暦十四申二月吉日


大きな地図で見る

道は消失してしまったが、どうやら湯道はこの道標の前を通り、本郷町で原街道と交差し、小結、岩崎、細竹に続くようだ。

f:id:gari2:20150118205146j:plain

那須文化研究#19」の「那須の湯道を歩く」によると、この道標は元々鍋掛地区にあったものが現在地に移されたものなのだそうだ。行き先が那須と板室で、現在地と近い場所と考えると、鍋掛小学校北の鍋掛街道沿い辺りとか?

広告を非表示にする