がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

烏ヶ森公園の桜祭り



ここ数日で町内の桜が満開になった。東小学校に来ている。

校庭を囲む桜の木は、5年ほど前?に素人目では「おいおい伐採すんのかよ?」と思ったほどの大胆な枝の剪定をやっていて心配したもんだが、プロの仕事はさすがだ。樹勢は復活して見事な咲き誇りだ。現在地に移ったのが昭和36年なので、まだまだ寿命ではないのかな。



廊下の掲示板もかわいい桜で花盛り。いつの間にか学校前の文房具店「ふじせ」がなくなってしまったのは寂しいが、時代の変化には抗えない。野球少年たちは練習帰りどこでたむろすればいいのか。・・ちょっと瓶ペプシが飲みたくなった。

親戚への挨拶周りを終えて夕方近く烏ヶ森公園へ。



明治から烏ヶ森公園は桜の名所として有名な場所で、みますや前の烏ヶ森入口の道標には明治39年4月「官民大合同団體觀櫻會ヲ烏ヶ森ノ丘上ニ催シ」以降、観桜来客のため割引価格のツアー列車が企画されたことが書かれている。



なかなか満開時期に休みが重ならず、いつも昼間の花見ができないが、今年は桜がじっくり見れてよかった。



でもなにより、我が家は花より団子でして・・。



というか花よりイカゲソ・・。



公園南入口の青信号の短さも、今日は苦にならない・・。

広告を非表示にする