がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

万人風呂 霞上館跡の2

f:id:gari2:20141130222926j:plain

当時塩原は、華族・皇族らセレブが別荘を構え、文士や芸術家、実業家がこぞって訪れるリゾート地であった。「万人風呂 霞上館」は大正の末にオープンした温泉施設で、箒川流域に点在する塩原七湯からは奥まった山あいにあったという。建物の前には小船を浮かべるほど広い池があり、外観はモダンな洋館のような「万人風呂」、渡り廊下で移動する隣には遊技場施設、それらを取り囲むようにいくつもの宿泊棟が確認できる。当時の著名人も多く訪れた名所だったのだそうだ。

「万人風呂 霞上館」が存在した場所に行ってみた。八汐橋を渡って須巻温泉方面へ。途中、トテ馬車の修理ドックらしき場所があった。塩原自然研究路の駐車場に車を止めて散策を開始する。地図上でみるとこれが袖沢でいいようだ。ぱっと見で遺構が見つからないので(石仏もそうだが、探索は草木が枯れる時期が良い)聞き込みをしてみる。沢に近いお宅を訪問してみると、なんと万人風呂 の創設者の孫にあたる方だった。

f:id:gari2:20141130223000j:plain

ちょうどカーブに差し掛かる部分の山際が「万人風呂 温泉旅館 霞上館」だった場所で、砂防堰堤かと思われた壁の上が写真に写っていた大きな池なのだった。許可を得て建物のあった敷地内に入らせてもらう。

f:id:gari2:20141130223106j:plain

ゆるやかな斜面をあがっていくと石祠と石塔があった。石祠には「文政元寅天(1818)八月」と刻まれていた。もともとこの源泉は古くから知られていたのだ。O氏曰く、銀行員だったおじいさんが、たまたまこの地にキノコ狩りに来て自噴する温泉を発見、一念発起してこの地にリゾート開発を行ったのだという。大正の中頃のことだ。この山中の桃源郷へのアクセスを便利にするために箒川に専用の橋「遊園(ゆうえん)橋」を作り、塩原の街中から万人風呂までの道路「遊園道」を開削した。送迎用に馬車を往復させ利便性を良くした。

f:id:gari2:20141130223143j:plain

だいぶ枯れ葉などが沈殿しているが、確かに池の跡があった。かつてはこの大池で舟遊びをしたり釣りもできたという。コイを放し飼いにしていたというから、食卓にコイのアライが上ったのもうなづける。
万人風呂は多いに当たり、どっと宿泊客が訪れ、対応できるように宿泊棟も増やしていった。塩原に万人風呂あり、と瞬く間に名所となった。O氏のおじいさんは、旅館業だけではなく、この沢の近くに「温泉付き分譲地」も計画していたという。

f:id:gari2:20141130223218j:plain

宿泊施設が建っていた場所。段々になっていて石垣がきれいに残っている。

やがて世界恐慌がやってくる。世間は次第に不景気になり塩原に来訪する観光客も減少していった。そして国を挙げての戦争の時代へ。塩原温泉の旅館も疎開児童の受入れを余儀なくされた。「万人風呂 霞上館」も多くの児童を受け入れたという。戦後はいつまで営業していたかは知ることができなかった。山津波があって何棟か潰された話も伺った。30年くらい前までは廃墟が残っていたそうだ。今はすっかり緑に覆いつくされて薄暗い森となっている。

かつては五十数度の温泉が懇々と湧いていたが、近い水脈から汲み上げが始まり一気に水量が減ったという。しかし今でも源泉は残っているらしく、箒川沿いのとあるホテルに供給しているという情報もあった。

いろんな話を聞かせてくれたO氏にお礼を云い、万人風呂への公式ルートである「遊園道」と「遊園橋」を見に行くことに。次回。

万人風呂と遊園橋、遊園道 - がりつうしん

 

広告を非表示にする