がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

那須野が原博物館に道標?

那須野が原博物館に「地図をひもとく-日光・塩原・那須の絵図と地図-」を見に行った帰り、駐車場に戻る時に、何気なく庭園を通っていったら、あれ?この塔碑は一体!?

f:id:gari2:20150118225933j:plain

 これは烏ヶ森参道入口の道標と同じもの?真ん中で折れて修復した跡があるけど、「烏ヶ森公園道 奥羽街道」のクランク部分の道標だな。西那須野の記念碑の解説で「昭和50年代に再建」とあったのは、破損してしまってレプリカを建て直した、という意味だったのか。 隣にもうひとつ、途中で折れてしまった石柱が建っている。「神社」「寸 十二丁」と彫られている。隣に置いてある30cmほどの欠片が上に乗るのか。そちらには「烏」とある。烏ヶ森神社の石柱だ!道標になってるぞ。

f:id:gari2:20150118230000j:plain

 いったいどこにあった石柱なんだろうか。烏ヶ森神社は烏ヶ森の頂上にある社だ。神社への上がり方は3通りある。西側の石段、東側の石段、南側の石段だ。東側は、「烏ヶ森公園道」と名前が付けられるほどだから、メインの入口だったのかもしれない。狩野村役場、三島農場があり、奥羽街道が通っている。石段はあまり年季を感じさせない。「わんぱく広場」ができて、雰囲気は大分変わってしまったはずだ。西側は公園があって長い石段が作られ、その前から桜並木が伸びている。かつては那須開墾社があり、自転車レースが行われた公園が広がっている。南側上がり口は近年作られたものではなかったか。なんとなく西側があやしいな。あとで、館長に聞いてみようっと。

広告を非表示にする