高湯山御宝前への道

那須岳はかつて山岳信仰の山で、茶臼岳南西部の山中に湧出する温泉「御宝前(ごほうぜん)の湯」をご神体とする数箇所の拝所を備えた霊場があり、湯本口側は高湯山、三斗小屋口側は白湯山と呼ばれていた。同じ霊場に二つの名称があった実際の理由はわからないが、要は霊場を巡る利権を表口と裏口の二つの窓口で別々に管理…