読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

本宮宿南 追分の道標@本宮市

奥州街道沿い本宮宿南町の追分 劇場から数十m隔てて旧奥州街道が通る かつて本宮宿は奥州街道と会津道、三春道 相馬道が交差する交通の要衝で この付近では屈指の賑わいを見せた 飯盛女もかなりの数がいて遊廓も存在した 鉄道の機関区設置を郡山に譲ったた…

宇田島の供養塔道標

室野井の馬頭観音をみてから宇田島へ。那珂川左岸の酪農家が何軒か連なるエリアだ。道路の感じは圃場整備されてしまっていて旧道の雰囲気はない。 集落を過ぎたあたりに六手の金剛青面の庚申塔があったが目的の道標が見つからない。もう一度引き返すと集落の…

細竹の六字名号塔道標

那珂川右岸を鳥の目から小結を通って細竹へ。 細竹の六字名号塔道標 37°02'29.4"N 139°58'35.79"E角柱 寛政8年(1796)56×24×21㎝ [正面]南無阿彌陀佛 [右]右 もむらなか やつぼ 日光 [左]左 大た王ら寛政八丙辰年七月 三差路の道標。もともとは道を挟んで…

室野井の馬頭観世音道標

室野井の馬頭観世音道標 37.044259, 139.985274 自然石 文字塔 安永7年(1778)170×45×40㎝安永七玄[黒戈]星 右 奈す 閹茂梵字(カン)馬頭觀世音 十一月吉祥日 左 板室 室野井道二叉路の土手の上に立つ馬頭観音。その他に大小の馬頭観音が祀られている。震…

箭坪の庚申供養塔

先日Puuさんに情報を頂いた箭坪の庚申塔を観てきた。場所は戸田の分譲地の奥の林の中。こんな場所の塔碑を見つけるなんて、どんな情報網をお持ちなのだPuuさん・・。 箭坪の庚申塔 天明6年(1786) 柱状平 57×27×27cm 37.004280, 139.958642 [正面](月日)庚申…

近世以前の土木・産業遺産

俺も情報協力した岡山大学馬場俊介先生の「近世以前の土木・産業遺産」の報告書を献本いただいた。ありがとうございます!あとでじっくり読もうっと。 近世以前の土木・産業遺産

鳥野目の青面金剛道標

鳥野目の青面金剛道標明和7年(1770)36.99495, 140.02874172.5×35×20cm(蓮華座52.5×51cm) [正面]明和七寅年霜月八日[正面台石] 右みのは左大たら鳥の目オートキャンプ場を上がったところにある青麺金剛の道標。平成に入ってから行なわれた那須塩原市の調…

関根の西国秩父供養塔道標

関根の西国秩父供養塔道標未採寸[正面]奉 西國秩父□□□□□養塔 納[左]明治二十二年五月七日 ○○久八 六十五才 立之[台石]右ハ 三嶋左ハ大田原関根のたつ道近くのお宅の入口にある塔碑。以前すぐ近くの関根青年道標を観に来たときにちらとみたはずだが、今回まじ…

寄居大久保の道標と初花清水、大ヶ谷の道標

豊原木戸と寄居山中大久保を結ぶ峠道にある道標。山中にNHKのアンテナがあり、途中までは管理路として現在も使われている。少し前木戸側でがけ崩れがあったが、現在は斜面を補修して通れるようになっている。 寄居大久保の御成婚記念の道標90×19×19cm 北緯37…

五月晴れの黒田原の道標

梅雨の晴れ間を縫っての道標探し。この時期の大瀧詠一の「五月雨」は良いな。 「那須町の記念碑」を借りてみたら、未確認の純粋道標が結構載っている。大田原・西那須野でも多くみられた昭和初期の地元青年団建立による道標だ。黒田原から豊原、奥州道中寄居…

杉の沢の道標2種

杉の沢の一里塚を見に行ったあとに採取した道標。白湯山・湯殿山のダブルネーム石塔のある石仏群のすぐ近くにある。杉の沢の道標 64×20×15cm[正面]右ハ 於止(おと)がねみち 杦(すぎ)沢村左ハ なくら沢みち 施主 五三■[右]享保十二未天五月方向的には合っ…

梶ヶ沢と東泉の道標

川崎道沿い、梶ヶ沢の地蔵堂に道標を見に来た。川崎反町から境林、会津中街道でも通った「岡村道踏切」を渡り、丘陵の尾根伝いに安沢に出て、喜連川へ向かうルートだ。目印のお堂はすぐに見つかった。 梶ヶ沢の十九夜塔 60×31×27cm 天保3年(1832)[中央] 右…

東関根の槻沢青年道標

東関根の槻沢青年道標39×18×14cm おそらく昭和2か3年 36.903623, 140.001327[正面]□関根遅沢ヲ經テ東那□[右]西□南郷屋西那須野□[左]□ハ東関根ヲ經テ金田□□ 昭和□年□月建之槻澤青□[裏面]南 石林ヲ經テ大田原ニ至「西那須野の記念碑」に掲載のない昭和初期の道…

上深田 棚倉追分の3基

奥州道中と棚倉道の分岐。この分岐には時代を経て3基の道標が建っている。木々に囲まれているので影になりうまく撮影できなかったのと、風化して文字が読みづらく今まで敬遠してしまっていた。元禄4年の道標の裏面などは全く解読できず。紫衣事件で幕府の怒…

両郷と寒井で7基

西海先生の石仏調査書を五峰の湯で熟読。両郷と寒井・桧木沢をまわる。 木佐美前郷の道標74×26×26cm 明和3年(1766) 36.907125,140.173476[右]明和三戌年 十月吉日[正面]右ハ すさき左ハ 川かミ 木佐美前郷の西国四国坂東秩父供養塔76×27×24cm 文化15年(18…

尻高田から須賀川で2基

黒羽の年配の人が「南方 川上 尻高田」と語呂の良い言い回しでいうのを何度か聞いた。要は八溝の麓の辺鄙な処ということなんだろうか。南方、川上は鰻坂の件で訪問済みだ。今回初めて、尻高田の集落を訪れた。シッタカダなんて響きからして興味深い。棚田の…

南金丸で2基

那須与一伝承館で「東野鉄道展」を観た際にみつけた道標。伝承館裏の宅地入口。 南金丸の二十三夜塔 91×55×20cm 天明8年(1788) 36.864240, 140.087053天明八戌申年 右 いちのさわ道二十三夜拝標石九月二十三日 左 をたはら道 願主 拾人 明治43年(1910)地形…

西光院の十九夜道標と火渡り祭告知

下石上の西光院さんで、今年から「大火渡り祭」を行うとのこと。12月4日の日曜日です。 ご住職の話によると、那須修験道昇龍講のメンバーだけでなく、宇都宮多氣山修験道の方なども参加するそうだ。成田山遍照院に負けない盛り上がりを期待しています。本題…

法師畑の馬頭観世音

法師畑の馬頭観世音 36.593588, 140.07466260×36×13cm 志をあく(つ ) 政八 願主右梵字左 本をし者た 四月十六日 こしま右 塩阿久津 左 法師畑、小島 でわないかと?原法師畑線は那須高手前の塩阿久津に出るからね。古い住宅地図を見ると、日拓観光分譲地の…

夏の野外学習、寺子・黒田原

奥州道中西坂より中の川の芦野温泉へ。施設入口にある馬頭観音。 大野地の馬頭観世音76×52×19cm36.98944, 140.14967右ハ 法しは多下川田中左ハ 左くば馬頭観世音明治廿一年 願主 十一月 田中芦野温泉から法師畑方面へ、道なりに進み黒川を渡ると菖蒲沢、その…

夏の野外学習、稲沢周辺

最近気になる旧道関連のトピックを二つ。初期の奥州道中で、白坂から先、白河宿へまっすぐ北に向かわずに東に迂回していたらしい。いわゆる「鬼越ルート」である。初期の白河街道は女石に出ずに薄葉に向かったそうだ。いわゆる「葉ノ木平ルート」である。ど…

東関根の馬頭観音

東関根の火伏せの愛宕さまがある林に、文化7年(1810)建立の馬頭観音の道標がある。台石が道標になっておりその文字がなんと書いてあるのかが長年の疑問であった。では肝心の道標部分を見てみよう。当時だって俺のように読めない人がいたはずだよ。誰得、く…

大深堀温泉跡と白河道の道標

大沢から那須湯に向かう湯道沿いの大深掘に温泉(ぬく湯)があり、今でも祠の近くからお湯が出ているらしい。今回は前から気になっていた大深堀温泉を探しに行く。 昨夜那須山塊で初冠雪があった模様。なためさんのブログでも高原山での初冠雪を報じている。…

教伝供養塔の道標

裏茶臼の紅葉が最高の時に休みが取れることはめったにないので、沼ッ原側から姥ヶ平に行ってきた。沼ッ原の駐車場に着いた時点では、茶臼岳方面に雲がかかっていた。登山道ですれ違う人々の話でも一様に「今日は雲がかかってイマイチだ」とのこと。せっかく…

那須湯本の道標

遅めに起きた休日、那須へ白川道(那須湯道)沿いの道標を観に行く。白川(白河)道は別名を白川米つけ道とも呼び、白河方面から那須湯本に生活物資を運んだ道だ。また白河方面からの湯治や高湯山詣での人々はこの道を通ってきた。まずは湯本の町営いこい荘…

那須街道赤松林

道路の雪が消えるのを待って、那須町高久甲に行ってきた。高久本郷付近の未確認の道標を見に来たのだが、情報不足で見つけることができなかった。 ついでに、新高久の那須街道沿いの赤松林に残る那須道(湯道・湯本道)を見に行った。 那須街道の両側に広が…

日新の馬頭観音

PUUさんに教えていただいた「あじさい橋」手前、日新の馬頭観音を観に行ってきた。せっかくなので、鍋掛宿内の湯道交差点からスタート。 鍋掛正観寺前の道標 [正面] 右芦野町ヨリ白河ニ至紀念 向 左金田村ヨリ大田原ニ至[右] 右黒磯那須温泉至紀念 向 左寒井…

南金丸那須神社の道標

行方不明になっていたと思っていた南金丸那須神社の道標が、道の駅の片隅に再建されていることに気付いて撮影に来た。南金丸温泉神社の道標[正面] 安永四乙未年右 大た□ら 道 左 ふくはら 二月吉日 [裏面]右 さらど 道(表面剥離により不明)金丸の道の駅が…

館脇アンコやの道標看板@須賀川市東町

須賀川市東町の館脇生餡所の軒先に掲げられた道標。なんとも古めかしい看板、いつ頃から掲げられている物だろう?なぜアンコ屋さんに診療所の案内が?行き方をよく聞かれたからだろうか。見舞いの手みやげにヨーカンを、といったところか。5丁(約550m)先…

馬場今宮神社の道標は?

会津中街道を歩く会でさくら市馬場今宮神社に行ってきた。氏家町史の民俗編に載っている追分石(道標)リストの馬場今宮神社の地蔵尊 右わしじゅく 左氏家道をずっと探しているが未だ見つからない。大きな地図で見る馬場今宮神社というのは会津西街道大宮通…

松並の庚申塔道標

いつの間にか松並の庚申塔道標が動いていることに気づいた。R400BPの歩道拡幅整備工事で暫く雲隠れしていた塔碑の落ち着き先が決まったようだ。[正面] 享保十二年 庚申供養塔 十一月十日[右] 右 をきのめ道 右太ェ門[左] 左 ふくはら道 文右ェ門上の画像は移…

簑沢再訪

那須町の図書館で調べ物。先日の関街道探訪の件を受けて佐藤賢三氏の「簑沢の歴史おぼえ書き」なる自主制作ファイルを閲覧。なかなかの力作で、興味深い記述が多くあり。簑沢地区を再訪することにした。移動途中に道標。東陽中前。 下芦野の馬頭尊134・36・2…

金燈籠@大田原上町

お茶碗が割れた。しばらく在りもので済ましてきたが、やはりマイ茶碗がほしい。そんなわけで、大田原金燈籠交差点にある「米喜」にやってきた。米喜は300年前からあるセトモノ・漆器類を扱う贈答品のお店。米喜といえば金燈籠。文政2年(1819)10月、町内安…

登町の高湯山道標

白河市の歴史民俗資料館に用事があって行ったのだが、駐車場に車を止めふと目の前の塔碑をみてギョッとした。登町(二番町)丁字路(ルミエールがある場所)にあったという高湯山道標が民俗資料館の建物前に移設されていたのだ。この道標は道路拡張等の理由…

寺子黒川の道標

前から気になっていた奥州道中沿いの黒川集落にやってきた。奥州道中を寺子宿を過ぎて余笹川を渡り、石田坂、へび沢を通り黒川へ向かう。今の道路は左にカーブしながら黒川の橋に向かうが、当時は真っ直ぐ集落に降りていくルートだった。黒川の簗場の平地と…

梅ヶ久保不動尊@針生

仕事の帰り、梅ヶ久保不動尊のイチョウの黄色が鮮やかでハッとさせられた。後日製材所に車を止めて、不動尊とイチョウを撮影に訪れた。場所は旧日光北街道沿い、矢板宿から長峰公園の丘陵を越え、製材所裏から出てきたところ、R4土屋バイパス(そう、今では…

鷹巣と鹿畑の道標

先日、大田原図書館の書庫で、故大田原晴雄氏の大田原の道標の調査票を発見。「那須文化研究」に掲載された論文の元になったものだ。紙上ではしょられていた部分、特に手書きの所在地図は非常にためになった。俺の調査ページで、見つからずmissing扱いになっ…

羽田平山酒造店建立の道標

家族に頼まれて、羽田の養鶏所に人気の卵を買いに行った時のこと、ふと道端に佇む標柱が目に入った。黄砂と花粉で黄ばんだ青空のもと、目は血走り鼻汁はとめどなく流れる最悪の状況でも、俺の道標感知力は鈍っていないようだ。場所は奥州街道近く、練貫と野…

人の本棚をアサルのが趣味です

「会津中街道を歩く会060917」前夜祭at勢至堂さんち。蔵書をサカナに呑んでいたら気になる写真を発見。岩波の「新風土記栃木県 復刻版」を見ていたらこんな写真が。 キャプションは「奥羽街道の道標 黒磯」とあるが、銘文をよくみると「奥羽街道 烏ヶ森公園…

美和・馬頭・黒羽 八溝の集落をゆく

大洗へ海水浴に行った帰り、R293の花立トンネルを出てから、左折して伴睦峠を越えずに、真っ直ぐ県道234号で烏帽子掛峠を越えて栃木に入ってみよう、なんて話しになった、というか俺が行くと決めた。最初のうちは二車線だったが、一車線、いつの間にやら一間…

寄居、よりいっそう満喫

先日の奥州道中の復習も兼ねて、寄居付近をうろうろしてきた。 「那須町の石仏芦野編」の巻頭にある地図に、奥州道中沿いの本郷手前に「道標」の表示が二ヶ所あったので、これを探すのがメインで、あとは山中大久保の馬頭尊二つと旗宿道の豆沢(ずさわ)の馬…

那須野が原博物館に道標?

那須野が原博物館に「地図をひもとく-日光・塩原・那須の絵図と地図-」を見に行った帰り、駐車場に戻る時に、何気なく庭園を通っていったら、あれ?この塔碑は一体!? これは烏ヶ森参道入口の道標と同じもの?真ん中で折れて修復した跡があるけど、「烏ヶ森…

カノ道を往くのさ

地形図を眺めていたら、石林のカノ道とその延長の古道が、市野沢の滝まで繋がっていることに気づいた。岡交差点近くと富池の温泉神社に道標があるようなので、撮影もかねて出かけることにした。日曜の朝小雨の中、車を走らせる。石林の原街道と市野沢の奥州…

白河宿二番町

白河市の北登町矢場八幡社の道標をついにみつけた。原街道が奥州海道にぶつかる二番町の丁字路にあったという道標だ。「江戸海道」と「那須道」と書いてある立派な道標なんだが、とんでもなく離れた神社の境内のはじっこに移動されていた。その道標があった…

宗祗が帰った理由って

白河市の原中高湯山一の鳥居に行ったあと、北登町矢場八幡社の道標を探そうと街中をフラフラしたが、またわからずじまいだった。と、上のリンクを張るときマピオンの地図を再度見たら白河第二小の西にあるじゃないか!?元あった奥州街道と原街道のぶつかるT字…