読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

大田原図書館リサイクルまつり

大田原市図書館が旧館から移動する際に抜いた蔵書約6万冊を領布する「リサイクル祭り」に行って来た。2月22日が初日だったのだが、あいにく仕事で抜けられなかったので2日目の今日の参加となった。開場は10時だったが、朝9時に会場の川西中学校に着…

新生 大田原図書館

トコトコ4Fに移転した大田原図書館に行ってきた。しかもオープン日に。正面入口からちょっと狭めのエレベータに乗って4階に着くと 図書館入口にとちまるくんが。 活動限界は15分のようです。郷土本コーナーは36スパンの192棚だが、うちガラス戸の閉架が60…

東武古書の市@宇都宮

東武の古本市に行く。今年で62回目とのこと。宇都宮の山崎書店、栃木市の吉本書店、鹿沼?のカピバラほか参加の北関東最大のイベント。最近は国会図書館の近代デジタルライブラリーでの検索閲覧にハマッていて、ネットでの古本探しもご無沙汰だった。久々の…

復活!那須町立図書館

震災で休館が続いていた那須町の図書館が9月1日から再開した。外壁に亀裂、床にボルト止めしてあった書架が歪んで、書架の入れ替えだけでも数千万円!とか報道されていたので、こんなに時間が掛かってしまったようだ。復旧お疲れ様でした。今は管理をTRC(図…

新生!白河市立図書館

震災の影響でオープンが延び延びになっていた、新しい白河市立図書館の正式なオープン日が告知された。東地区のプールに行った帰り、外観だけでも見ていこうかと寄ってみた。白河駅のすぐとなり。旧図書館は手代町という路地の奥まった処にあった。白河市内…

南天堂@本郷白山上

以前から「南天堂」とその時代に興味があった。取っ掛かりは辻潤とその思想・著作。この自由な発想、ユーモアあふれるエッセイが書かれたその背景に興味を持つうち、伊藤野枝、大杉栄、林芙美子とその周辺の書籍を読み漁る。寺島珠雄の「南天堂 松岡虎王麿の…

スメル蒸返し

学生時代の親友の結婚式に出席するために上京。時間もあったし学生の頃を思い出して鈍行で行った。少しでも飲み代に回したいからなんだが。 旅のお供は図書館の処分本で拾った「ビーヒアナウ」。学生時代はこんなのばっか読んでたな。「ムー」読者 ミーツ カ…

ふみくら 須賀川店

久々にふみくらに行った。HPで定休日を確かめたつもりだったが、早く着きすぎて須賀川の街中を2時間ほど散策することになった。小雨混じりの旧宿場町はなかなかオツでした。こんなことなら何かガイドブックを持って行くべきだった・・。

会津領内絵図を見に行く

なためさん・白石さん・まるみやさん・佐藤さんと「会津領内絵図」を見に、福島県立博物館に行ってきた。「会津領内絵図」は正保年間(1644-1648)に会津藩が幕府に献上した南北5.5m、東西4.3mの会津領内の地図。今回のイベントで床に広げられていたのは、そ…