がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

景勝地・観光地

黒羽観光やな@黒羽向町

きょうは8月7日ヤナの日、・・ということで黒羽観光やなに行ってきた。今年の夏は台風が少ない。ゲリラ豪雨は何度かあったが台風は上陸していない。観光やなにとって台風は天敵のようなもの。シーズン途中で台風が来たりしたら、増水でやなが壊され改修の見…

アサヒビール福島工場@本宮市

GWなのだ!子どもの日なのだ!家族サービスのふりして呑みまくるの巻。 本宮市アサヒビール福島工場へ見学に 見学は無料だが事前申し込みが必要。ガラス越しに仕込み釜を見られるが撮影はNG 製造工程の説明の後 試飲が出来る グラスで3杯 最初の一杯はS…

佐貫観音奥之院ご開帳の下見

3月15日に執り行われる佐貫観音奥の院のご開帳を前に現地を訪問してきた。 鬼怒川左岸の佐貫字岩戸に国指定史跡の磨崖仏、佐貫石仏がある。「佐貫の観音様」として親しまれている佐貫石仏は平安時代末期の作とされ、観音岩の崖面に八葉の蓮弁の台座に乗る…

鬼怒川ライン下りを体験

ゆう~べ鬼怒川今夜は川~治、そんなラジオコマーシャルが昔あったけど、鬼怒川・川治エリアはあまり観光に行ったことがなかった。 昔から傷は川治、やけどは滝(鬼怒川温泉)と言われ湯治場だったが、鉄道が開通し戦前に温泉旅館街として発展した。最盛期と…

喜多方ラーメン弾丸ツアー2013

老麺とレンガ蔵の街、喜多方。昨晩の酒は残っているがとにかく全力で喰う!なあに迎え酒呑みながらなら大丈夫!喜多方駅で最新版の老麺会のマップをもらってコースを決める。 7:33一平 喜多方本店喜多方市松山町村松字石田1453朝ラー文化はマスコミの捏造だ…

みはらしの丘のネモフィラ@国営ひたち海浜公園

ひたちなかの海浜公園に行く。海岸沿いのみはらしの丘のネモフィラ。家族で来るのは久々か。ここはかつて米軍の射爆場だったそうで、不発弾を探しながら整備をしたみたい。メインの的があった場所に人工的に作った丘なんだって。一面のネモフィラ、雲ひとつ…

桜見2013 小峰城から鶴ヶ城へ

休み、父母を連れて桜前線を追い掛ける。まずは白河へ。 南湖公園の桜を観てから小峰城址へ。満開になりたて!といった感じ。 図書館の窓から遠めで何度か眺めていたが、近くで状況を見るのは初めて。 震災被害の復旧の様子。 作業は当分かかりそう。 移動中…

白河口の戦い展@白河見聞館

白河戊辰見聞館に「戊辰 白河口の戦い展 リニューアル版」を観に行く。 白河見聞館は中町通り「楽蔵(らくら)」内にあるコミュニティースペース。楽蔵は白河中心市街地の活性化事業の一環として作られた施設で、昨年の6月にオープンした。いつのまにか市街…

八幡つつじとペニーレイン

八幡崎にツツジを観に行く。見頃のピークということもあって、湯本から八幡方面の道路はかなりの渋滞。今どきマニュアル車なので、坂道発進に苦労する。いつだかの記事の時は歯ぎしりするほど良い天気だったが、今回は時より日が差すものの、かなり微妙な天…

郡山カルチャーパーク@郡山市安積町

GW。ツマとお子ら、ツマ姉、義母が郡山カルチャーパークの遊園地に行くというので、ご一緒させてもらった(笑)。 郡山カルチャーパークは今までに何度か遊びに来ている。栃木でいうところの「とちのきファミリーランド」のような存在。ライドの刺激は抑え…

老松温泉喜楽旅館@那須湯本

教傳道標から東(とう)公園跡を通って、つづら折を降りると、そこは白河米付け道の終着点、那須湯本だ。湯川を渡る「おさん橋」の手前に「老松温泉喜楽旅館」がある。ネット上では那須湯本の鄙(ひな)び系温泉としてつとに有名。開業はネット上の情報では6…

戦場ヶ原@奥日光

小田代ヶ原の湿原に湖が出現しているという。行ってみたいね、戦場ヶ原の自然研究路を歩けるのか、などと車中では盛り上がったが、子供達含め同意が得られず。結局、三本松茶屋駐車場向かいの展望台からサッと見回して終了。 ドライブイン内にあったかつての…

龍頭の瀧@奥日光

奥日光三大名瀑の一つ、龍頭の瀧に紅葉を観に行った。9時には地獄茶屋に着いたのだが、茶屋駐車場には入れず。湯川上流の駐車場から渓谷沿いに茶屋へ降りることに。 日曜の、しかも紅葉全開時期に奥日光に来るなんて狂気の沙汰だと思ったが、思い切って出掛…

姥ヶ平と両部の滝の紅葉

会津中街道交流会の第2回シンポジウムで御宝前の湯と両部の滝を再訪。まずは姥ヶ平に寄ることに。 三連休で天気は一番良かったのでは? 昼近かったのだが、ものすごい人だった。 ひようたん池への木道の取り替え工事に入っていた。工事と言えば、沼ッ原へ向…

出羽三山総奥宮 湯殿山

湯殿山リーフレットより 山形県鶴岡市の湯殿山に行ってきた。R121から湯殿山有料道路で仙人沢まで上がる。有料道路を縫うように旧六十里越街道が通っている。出羽三山は三つの独立した山ではなく、出羽丘陵の南端の月山(1980m)を主峰として、その尾根沿い…

山桜の咲く頃に

伊王野道の駅でごはんを食べてから磯上の山桜を観に行く。山里の奥の奥、八溝山参道一の鳥居にどっしりと鎮座する大きな山桜。四方に枝を広げ、長い間里の人たちを優しく見守ってきた。 いつも駐車場になっている場所が耕されていた。先に来ていた人の話だと…

烏ヶ森の桜

子供らを連れて、烏ヶ森公園に桜を観に来た。今も昔も櫻の名所。 遊具の処で子供らを放牧、ゆっくりしようと思ったら結局一緒に遊ぶはめに。ジャングルジム鬼とか。 きのう4月15日が開墾記念祭。今年は那須野ヶ原開拓130周年なんだって。小学校の頃、…

三和神社とかたくりの里

父のリハビリも兼ねて小川のかたくりの里に来た。この時期平日でもとても混雑しているのに人影はまばら。これも放射能漏れ事故の影響か。去年は駐車料金を徴収していたが、今日は無料だった。 家の周りを少し歩く程度だったのに、アップダウンのある丘陵を越…

高瀬観光やな@小川谷田

小川の谷田にある那珂川天神河原の高瀬やなに来た。 名称は経営者の名前からのようだ。R294から河川敷に降りていくとすぐにコンクリで固めた堤防の上に出る。いままで行ったやなは川岸に河原があった気がする。画像をみると分かるが、河川敷にプールがある…

舟戸観光やな@烏山野上舟戸

以前から気になっていた烏山の舟戸のやなに来てみた。やなに渡る一本橋が長く、狭くて怖いという話、前に書いたような。烏山の中心部の南、那珂川が右に大きく蛇行する付近が野上で、河岸段丘を降り下野大橋のY字路を直進、橋のたもとに舟戸のやながあるはず…

幻の滝騒動

昭和48年10月21日(日曜日) 読売新聞「ニュースの色」グラビア記事紅葉のミラーボールここは那須・幻の滝 那須御用邸のある栃木県那須郡那須町から北西の福島県境を見上げると、そこには紅に燃える那須連山がある。男性的な雄大さを見せる茶臼岳(別名那須…

観光やなシーズン前に

小百に川遊びに行くつもりで今市方面へ。大渡橋を通ったら、「鮎つかまえたーい!」と子供ら。船場亭に寄った。店内は盛況。最近珍走団によく遭遇するなあ。流行ってるのか?梁は準備中、鮎の掴み取り遊びも、今シーズンはまだやっていないとのことだった。…

両部の滝@那須

沼ッ原から給湯管保守道(湯道)を通って両部の滝へ。 メンバーはQ造さん、Yosiさん、ハクセキさんと俺。 下草刈りをしたばかりのようで、とても快適。時折り現われる給湯管が御宝前の方向を指し示している。以前、沼ッ原から会津中街道跡である自然道を辿り…

袖ヶ沢温泉 万人風呂霞上館より

先日、古本屋で万人風呂霞上館で販売してたと思われる絵葉書セットを入手した。 彩色した天然色バージョンの絵はがきよりも、白黒のままのほうが細かい部分まで確認できる。でっかい画像はここに。 専用道路見晴臺ヨリ畑下戸門前古町ノ遠望 現在の畑下付近 …

八幡つつじ@那須高原

家族が那須に八幡つつじを観に行った。俺は仕事中に写メを送られ歯ぎしり。かつて八幡崎には那須駒の放牧地があり、草木は馬に食べられてしまうが、毒のある山つつじは食べられず群生地が出来上がったという。そういえば高原山八方ヶ原のつつじ群生地も軍用…

那須嶽開山祭2010

なんとか休みがとれて那須岳の開山祭へ。出かけるとき、あまりにもスッキリと山が見えるのでイヤな予感がしたが、茶臼岳は風が強くて、8時半に動き出すロープウェーも天候回復待ちだったようだ。おかげでゆっくり出発した我々もスタートに間に合った。今年…

SYD 佐野厄除大師

「新しい年には厄除け方位除けを 関東の三大師 佐野厄除け大師」 年末年始になると耳につく、何年使い回してるんだ?と突っ込みたくなる、あのCM。(久々に観たけどビデオ撮りのキレイなのに替わってた)多分訪れることは無いだろうと思っていた佐野厄除大…

矢沢のやな@烏山滝田

那珂川の矢沢の梁に来た。R294バイパスに向かう滝田大橋の分岐から旧道に入ってすぐ川に下りた処の梁だ。たしかここは滝田河岸の跡ではなかったか。うる覚えなので再確認を。 滝田(烏山)河岸はバイパス沿いファミリーブック脇から河川敷に降りた付近。矢…

鬼怒川大渡やな 船場亭@大渡船場

梁遊びシーズン到来。今市大渡の鬼怒川沿いにある「船場亭」にやってきた。移築された茅葺屋根の古民家、あちこちに置かれた民具や琺瑯看板。時がゆっくりと流れているようだ。 ここは日光北街道沿い、鬼怒川の渡渉点。昭和30年代まで、この川を渡るのに船を…

梁はまだか

ヨメの買い物待ちで、アクロスプラザの自販機前のベンチで読書していたら、初老のおじさんに梁(やな)はどこにあるんですか?と話しかけられた。大宮から下調べなしで来たそうで、とりあえず黒羽観光梁の行き方を教えた。はて、お座敷は5月くらいからやって…