がりつうしん

那須野ヶ原を中心とした話題と与太話、ほぼ余談。

本県遊廓増設問題(1)(明治32年)

f:id:gari2:20191007163417j:plain
明治32年9月に発布された栃木県の遊廓設置規程。その翌月に下野新聞に掲載された遊廓増設問題に伴う各地の反応。第一回は足利と田沼。常用漢字現代仮名で書き起こした。

本県遊廓増設問題(1) 下野新聞 M32.10.13

昨月十五日突然として発布せられし本県遊廓設置規程は、県民に一大喫驚と与えしは、今更言うまでもなき事にて、該規程中現在の妓楼に対し、遊廓地を指定し移転せしむとの一項においては、暫らく不可なしとするも、それすら彼の醜聲(しゅうせい)の因たるにかかわらず、大胆にも九箇所の遊廓を指定増設せしめんとするに至りては、早く既に県下各地の物議を生せしもののごとく、青年は先つ動き有志は次て起ち、増設に反対し一挙にして県令の取消を求め、これを貫かずんば止まざるの勢あり。今左に各地よりの報を掲くべし。
足利友愛義団の運動 足利郡足利町青年有力家の結合に成れる足利友愛義団は、当時本紙上に再三報道せるごとく、公娼存置の不可を論じ、あくまで廃止の目的を達せむとし、知事県会並内務当局者に向て、廃娼建議書を提出し、近くは廃娼演説会を開き、人心を鼓舞しもってその目的の貫徹に勉めしほどなるが、現時の県知事なる溝部惟幾氏は、何か大なる理由のありと見え廃娼建議書を字にせるにかかわらず、突然県令第六十号を発し、ひとり遊廓に対し縮少主義を取らざりしのみならず、かえってこれを増設するに至りしより、義団員諸氏の憤慨一方ならずまづ該県令の取消を求め、さらに進んで公娼廃止の素志を徹底せんとし、昨今熱心に協議中なりといえり。

足利地方有志の奔走

友愛義団員の一群は、前項のごとく熱心運動中なるが、足利町地方の有志者もおおいに該県令の不当と不都合とを鳴らし、これを取消さずんば栃木県の名誉を泥委(でいい)し去るに至るべしとて、同志の人士を紏合し、県令取消の建議書を本県知事に提出し、併せて内務大臣に陳状せんとて目下同志の調印を求め居るが、大抵取揃えし由にて不日委員を出県せしめ、更にそれより上京主務大臣に向て陳状すとなお同志の人々はこの際檄を四方に飛ばし、輿(世)論公義を喚起し、あくまで不当なる知事の処置を排撃するはずなりという。

田沼青年会の決議

安蘇郡田沼町青年の結合団体なる田沼青年会は、遊廓設置規程の発布にあたり、現に同地に対し新たに遊廓地を強制指定せられあるを見て、非常に激昂し、要するにこれ我地方民を侮辱するの甚しきものなりとて、会員大串廣平氏は遊廓設置可否の討議案を提出し、臨時会を請求せるより去月ニ十七日、本月三日(例会)、七日の三夜開会おおいに講究する所ありしが、大多数の賛成をもって断然これを排斥し大々的運動する事に決議せしと今その概略を報せんに九月七日夜臨時会を開き、相田幹事の開会の辞あり、会員大串廣平氏、田沼に遊廓設置可否いかんの問題を提出し一場の演説あり。内田、川田、原田の諸氏各賛成意見を述べ、ニ三の反対者ありたれ共決するあたわず、継続問題として次会に討議する事となしたり。十月三日夜(例会)引続き遊廓問題について討議する所ありしも、出席者少数にて決議する事あたわず散会せしは遺憾なりし。よって七日夜、臨時会を開会したり。来会者五十余名、相田幹事の開会の辞終わって、提出者大串廣平氏登壇し、存娼の弊害より説き出だして、田沼に遊廓設置不可なることを熱心に演ぜられ、内田、栗原、川田、相田、原田、大関諸氏の賛成、田村善十郎氏の反対あり。激論数刻ののち採決せしに、排斥賛成者多数にて遊廓排斥については極力運動する事に決議し、その委員として大串廣平、田村長三郎、川田勝之助、相田七郎治、小林粂蔵、内田新三郎、翏沼恒吉の七氏当選しそれより茶話会に移り、談笑快談散会せしは十二時頃なり。しかして委員会は去る九日夜開かるるはずなりし。

尚志会員の建議

同じく田沼町大字栃本青年の組織になれる尚志会(しょうしかい)なるものあり。該会はもっぱら学術弁論の研究をなすをもって目的となし、すこしも政令に容喙(ようか)せず、会員はますます自主独立の精神を養成しつつありしが、県令六十号遊廓増設については、青年をして不覉(ふき)の精神を減殺せしめ、おわりに国家衰亡の基因をなさしむるものなりとて、田沼町に新設の一項取消を請願せんとて、もっぱら運動中なりしが。この頃の町会に向こう一篇の建議を提出し、町会にては満場一致をもってこれを受理したりとしかして会員はなお足れりとせず、時宜を見て県知事に迫らんとする決心なりという。その建議の要旨は次号に記載すべし。

garitune.hatenablog.jp

 

 

栃木県遊廓設置規程(明治32年)

明治後期から大正にかけて、旧宿場町の繁華街に点在していた遊廓(貸座敷)が「風紀上よろしからず」という理由で集団移転を行っている。明治32年(1899)に発布された遊廓設置規程により正式に遊廓の営業を許可された地域が指定された。これにより今まで繁華街に点在した貸座敷や引手茶屋を集団移転するいわゆる「新地」の設置場所が規定されたと言えるだろう。

遊廓設置規程 明治三十二年九月 県令第六〇号
第一条 貸座敷及引手茶屋営業ハ遊廓区域内ニ限ル
第二条 遊廓ハ左ノ地域内ニ置ク
 宇都宮市 河原町
 河内郡 富屋村大字徳次良字上座禅堂
 下都賀郡 小山町大字上鳥谷字長福寺
 同   郡 石橋町大字石橋字牛井戸
 同   郡 富山村大字富田字竹ノ内
 同   郡 壬生町大字壬生字下台東
 同   郡 家中村大字平川字関取塚
 阿蘇郡 堀米町大字堀米字安良町上北
 同   郡 田沼町大字田沼字中道
 足利郡 御厨村大字福居字中里小字上
 上都賀郡 鹿沼町大字西鹿沼字一丁田
 同   郡 西方村大字金崎字原
 同   郡 今市町大字今市字清水川
 同   郡 足尾町字向原
 塩谷郡 喜連川町大字喜連川字松並
 同   郡 氏家町大字氏家字伊勢後
 塩谷郡 矢板町大字矢板字東原
 那須郡 田原町字沼ノ袋
 同   郡 佐久山町大字佐久山字四ツ谷
 同   郡 烏山町朝東裏
 同   郡 黒羽町大字前田字郷前
 同   郡 那須野村大字黒磯字原街道上
 芳賀郡 真岡町大字荒町字妹内
 同   郡 茂木町大字茂木字上ノ平
 同   郡 久下田町大字谷田貝字天水場
第三条 遊廓地ハ左ノ各項ニ該当スルコトヲ要ス
 一 面積二千坪以上八千坪以下
 一 官公衙学校病院又ハ重ナル作業所ニ接近セサルコト
 一 国道県道又ハ交通頻繁ナル里道及鉄道線路ニ接近セサルコト
第四条 遊廓ノ構造ハ左ノ各項ニ該当スルコトヲ要ス
 一 遊廓ノ形状ハ方形又ハ円形ナルコト
 一 遊廓ノ道路ハ五間以上タルコト 但裏道ハ此限ニアラス
 一 遊廓ハ其境界ニ相当ノ墻塀ヲ設クルコト
 一 遊廓ノ内周囲ニハ六尺以上ノ余地ヲ存スルコト
 一 遊廓内ニハ相当ノ下水ヲ設クルコト
第五条 遊廓ハ其区内ニ於テ営業ヲナサントスル者ノ申請ニ依リ知事之ヲ指定ス
第六条 前条ノ申請ヲナストキハ第三条第四条各項ニ対スル計画ヲ詳記シ図面ヲ添エ
 所轄警察官署ヲ経由スヘシ 但申請ノ土地他ノ所有ニ係ハルトキヘ地主の承諾書ヲ
 添付スヘシ
      附 則
第七条 従来ノ免許地ハ明治三十七年十二月三十一日迄其効力ヲ有ス
 前項ノ期限内ト雖トモ新規営業譲受譲渡ヲナスコト得ス 但相続ニ係ルモノハ此限
 ニアラス  

 

下野新聞M32.10.26掲載「那須郡大田原便り」で反対運動が報道されていた大田原の貸座敷移転問題は、そのまま候補地の沼の袋が採用されている。しかし大正13年の松井天山による「大田原町真景図」にもみられるとおり、その後新地は深川に移転しており、その正確な時期と詳細に関しては今後確認してみようと思う。同記事にあった通り、この県令により県北の黒磯遊廓と黒羽遊廓が出来たことがわかる。鉄道敷設でますます発展する黒磯と、林業の盛んな黒羽だ。また下野新聞ではこの年の10月に「本県遊廓増設問題」というタイトルでこの関連記事を10回にわたり掲載している。この内容についてはまた次回紹介していく。


またこれ以前の栃木県における遊廓の存在に関しては、明治26年(1893)2月発布の栃木県貸座敷娼妓賦金徵収規則 栃木県令第22号 において、各地域の盛況具合によって賦金徵収額を甲乙丙の3ランクで定めているリストがある。

甲部 宇都宮 甲部 宇都宮町 

乙部 鹿沼町、足尾町小山町、家中村、大田原町、堀米町、御厨村、梁田村 

丙部 西方村、北押原村、富屋村、富山村国分寺村、石橋町氏家町喜連川町烏山町、蘆野町、佐久山町、鍋掛村

このリストをみると、明治32年の遊廓設置規程に選定されていない地域があることがわかる。梁田(足利市)、北押原(鹿沼市)、国分寺(旧下都賀郡下野市)、蘆野(那須町)、鍋掛(旧黒磯、那須塩原市)がそれだが、鍋掛と蘆野(芦野)は江戸期に栄えた旧奥州道中沿いの宿場町にある色街である。旧奥州道中沿いの宿場町であった地区は氏家、喜連川、佐久山、大田原などが遊廓設置規程に含まれている。大田原以北の鍋掛、芦野は鉄道計画から外れたエリアで時代の変化とともに繁栄に陰りがみえはじめており、明治32年の遊廓設置規程では選定されなかったのではないか。

参考:栃木県警察令類纂 栃木県警察部(M27)、栃木県警察類典 栃木県警察部 編纂 栃木県警察部(M34)



イングランド イズ マイン モリッシー、はじまりの物語

f:id:gari2:20200119205016j:plain

モリッシーが世に出る前のストーリーということで感慨深いものがあったのだが、この寸止め感は非常に辛い。帰り足車の中で急いで補完した。ここはやはりRANKだな。#俺たちのヒカリ座

ササーソニック2019@岩下の新生姜ミュージアム

f:id:gari2:20200119003558j:plain


f:id:gari2:20190706134648j:plain

栃木市にある岩下ミュージアムのササーソニックに行ってきた。

f:id:gari2:20200119001141j:plain
HOMMヨ 爆音ギターのオルタナティブロックバンド。カッコヨス!

f:id:gari2:20200119001709j:plainニイマリコ (G/Vo)

f:id:gari2:20200119002435j:plain

f:id:gari2:20200119002449j:plain
岩下社長ありがとうございます!


 

宇都宮ギュウ農フェスmini めろん畑a go go@ヘブンズロック2/3

f:id:gari2:20200119170117j:plain

宇都宮ギュウ農フェスmini ヘブンズロック2/3での めろん畑a go go。アイドル現場初心者の俺にもモッシュ、サークルが起きるこの子らのステージなら自然に体が反応する。サイコビリー?ロックンロールリバイバル?細けえことはいいよ、楽しい音楽が最高なんだよ!

f:id:gari2:20200119170155j:plain

f:id:gari2:20200119170206j:plain

 

めろん畑a go go、はやく大貫憲章さんにみつけてもらって #kenrocksnite にゲスト出演してほしい。

ジ・アリンズ 愛すべき最高の家族

f:id:gari2:20200119212247j:plain

GGの血まみれうんこまみれの過激なパフォーマンス伝説。GGの死後もGGのグッズを次々と開発しそれで生活する兄。ふたりを育てた母ちゃんのおかしくもせつない家族の絆に涙。クリトリックリスの元ネタってやっぱりGGアリンなの・・? #俺たちのヒカリ座

 

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

f:id:gari2:20200119213634j:plain

'60年代スウィンギングロンドンのUKカルチャーを映像や音楽、インタビューで振り返るドキュメンタリー。この流れを踏まえてもう一度ノーザンソウルを観直したいな。中学生の時繰り返し聴いてたクロスオーバーイレブンのヒストリーオブブリティッシュロック特集のテープどこいった? #俺たちのヒカリ座